新型コロナウイルスに感染し療養していた俳優の上杉柊平(28)が28日、自身のインスタグラムを更新し、PCR検査で「陰性」になったと報告した。

【写真集カット】NewYorkの地で自然な素顔を見せる上杉柊平

 上杉は「先日より新型コロナウイルスに感染し療養をしておりましたが、治療期間を終え、PCR検査においても陰性反応が確認されましたのでご報告させていただきます」と発表した。

 「この度は応援してくださっている皆様、関係者の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「また、感染後精神的に参ってしまっていた時期に皆様から頂いた温かいお言葉や、友人各位の励まし等にたくさん助けられました。本当にありがとうございました」と感謝をつづった。

 事務所は13日、公式サイトで上杉について「8月9日朝、倦怠感により検温したところ、38.6℃の発熱症状が見られた為、同日医療機関で抗体検査、PCR検査を受検。抗体検査の結果は陰性でしたが、大事をとり外部との接触を避け、自宅待機をしておりました」と説明。

 続けて「10日に熱は36.8℃まで下がりましたが念の為、11日に今度は抗原検査を受けた結果、陽性と判明。現在PCR検査の結果は、まだ出ておりませんが、保健所からの連絡により、医療機関との話し合いの結果、抗原検査の結果が陽性の為、新型コロナウイルスに感染していると判断されました」と伝えていた。

 上杉は、東京都出身。NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』や、ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』、映画『一週間フレンズ。』などドラマや映画をはじめ、舞台などで活躍している。