女優の芋生悠が29日、都内で行われた映画『ソワレ』の公開記念舞台あいさつに出席。「今年初の浴衣なんでウキウキしています。夏祭りには行けないけど、浴衣を着るだけでも気分が上がります」と笑顔を浮かべると、共演の村上虹郎、外山文治監督も「(演じた)タカラ、そのまま!」と絶賛した。

【画像】涼し気な模様の浴衣を身にまとった芋生悠

 本作の主人公・翔太役を村上、ヒロイン・タカラ役には芋生が100人以上のオーディションから抜てきされてW主演を務める。物語は、役者を目指して上京した翔太が、生まれ育った海辺の街の高齢者施設で演劇を教えることになり、そこで働くタカラとある事件をきっかけに先の見えない逃避行を始める。

 今作で初共演を果たした2人。撮影時のエピソードを問われた芋生が「撮影中は、全くしゃべってなかったですね。撮影前に少し好きな漫画を話す程度で…」と明かすと「犬夜叉が好きで、遠藤周作も読んでる。どんなバランスなんだろうって思いました」と笑いながら振り返った。

 最後にはコロナ禍のなか、無事に封切りを迎え、芋生は「何より、この映画が公開されたことが希望です」と感無量。村上も「最近、何個かのミニシアターが無くなるという話も聞いてきた。でもずっとここに胸を張って、戻ってくるような未来が続けばいいな」と語っていた。