女優の瀧本美織が、テレビ朝日系で9月6日に放送予定のドラマスペシャル『検事・佐方〜恨みを刻む〜』(後9:00~10:54)に、上川隆也演じる主人公・佐方貞人とバディを組む検察事務官・花岡尚子役で出演することが発表された。2人は初共演となる。

【写真】検察事務官・花岡尚子(瀧本美織)のワンショット

 作家・柚月裕子氏の小説を上川主演でドラマ化した「佐方貞人」シリーズは、これまで、『最後の証人』(2015年1月)、『検事の死命』(16年1月)、『検事の本懐』(16年12月)、『検事・佐方~裁きを望む』(19年12月)が放送され、最新作で5作目。「犯した罪は真っ当に裁かれなければならない」という信念を愚直なまでに貫き通す、ブレない男・佐方貞人が、警察組織の深い闇をあぶり出していく。

 このドラマシリーズでは、毎回、佐方とともに補充捜査なども行う検察事務官が登場。それが、瀧本が演じる尚子だ。明るくポジティブな性格で、真実を明らかにするためなら労をいとわない佐方にあきれつつも、ともに捜査に奔走する。

 瀧本は「尚子は誰に対しても同じようにコミュニケーションを取る性格だと思うので、人との関わりを恐れずどんどん動いていく感じで演じています」と、行動力あふれる尚子のキャラクターを体現。佐方とのコンビネーションについても、「佐方さんは事件にまっすぐ向かっていく方なので、尚子のことをあまり気にしていなかったりするんです(笑)。尚子も尚子で自分のペースを確保しているので、佐方さんに引っ張られることもなく、このコンビはお互いがいい意味でマイペースなんです」と分析しており、シリアスな展開の中、佐方と尚子の絶妙なやりとりがいいアクセントに。

 初共演となった上川について、瀧本は「上川さんは常に現場の皆さんを楽しませてくださり、現場はとても和やかでした。楽しくてやさしい方なので、私が突如アドリブを言っても受けて下さるんです!」と、絶大な信頼感を告白。「社会や組織の中で自分の信念を大事にブレずに生きるのは時に難しいことだと思いますが、佐方さんを間近で見ていて、とても必要なことだなと感じました。佐方と尚子、2人のコンビネーションをぜひ楽しんでいただきたいです」と、見どころをアピールしていた。

 なお、最新作のオンエアを記念し、“佐方貞人シリーズ”史上初、そして主演の上川にとっても初めての体験となる配信限定トークイベントを、今月30日午後9時から実施する。このイベントでは、本作と同じ9月6日に放送される『アニメソング総選挙』とのジャンルを超えたスペシャルコラボレーションも実現。声優界の“レジェンド”三ツ矢雄二が特別ゲストとして登場し、アニメトークを繰り広げるほか、視聴者から番組公式ツイッターに寄せられた質問に答えるQ&Aコーナー、劇中で瀧本演じる尚子が食べた“あるモノ”にちなんで“夏スイーツ”作りに挑戦する企画など、を予定している。

 この配信トークイベントに急きょ、瀧本も参戦することが決定。上川と息の合ったトークを繰り広げる。配信限定トークイベントは、テレビ朝日公式LINE、YouTubeテレビ朝日チェンネル、TELASA(テラサ)で、見ることができる。