人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が27日、都内で行われた映画『事故物件怪談 恐い間取り』の公開前夜祭舞台あいさつに登壇。過去に“無茶ぶり”されてゾッとしたエピソードを発表することになり、亀梨はジャニーさんとの秘話を明かした。

【イベント写真】映画公開を祝してテープカットする亀梨和也ら

 亀梨は「とある生放送の歌番組に後輩が出演することになっていたんですが、電話がかかってきて『YOU何してんの? YOU来ちゃってよ!』と言われて、現場に向かったんですね。そうしたら『出ちゃって!』と歌詞カードを渡され、その番組に出ちゃいました(笑)。生放送の歌番組に歌詞カードを持って出るという、ジャニーさんの無茶振りでした」と明かし登壇者たちを驚かせた。

 さらに“閲覧注意”の本作にあわせた写真も発表することに。亀梨は美容パックをしている自身の姿の写真を披露し「この間、写真撮ろうと思って撮ったらなぜか白く写ったんですよ!」とボケると、映画でお笑いコンビの相方を演じる瀬戸康史から「いやいやいや! パックしてるじゃん!」ときれいなツッコミが入り、会場をわかせた。

 この日のイベントには、奈緒、松原タニシ、中田秀夫監督も出席した。

 同作は殺人・自殺・火災による死亡事故などがあった“いわくつき”の部屋『事故物件』に住み続ける“事故物件住みます芸人”として活動する松原の実体験によるベストセラーノンフィクション『事故物件怪談 恐い間取り』を実写化。『リング』シリーズや『スマホを落としただけなのに』シリーズなどで知られる、中田監督がメガホンをとった。