現在、日本の動物保健センターにおけるペットの殺処分数は年々、減少の傾向を見せている。「保護猫」「保護犬」という言葉も浸透し、動物番組やネットニュースなどでも、保護された動物たちの“その後”の幸せな姿を目にすることも多い。だが、実際の保護の現場は「生やさしいものではない」という。目をそむけたくなるような現実、リアルな保護の様子をブログに綴っているのが、NPO法人『ねこけん』だ。なぜ、ここまで赤裸々な猫たちの姿を発信するのか、保護ボランティアの現在とは? 代表理事・溝上奈緒子氏に聞いた。

【写真】あまりの悲惨さに「思わず二度見」、誰にも助けてもらえなかった地域猫の実態

■「たとえお金がかかっても迷いはない」、救えなかった犬への誓い

 『ねこけん』は、殺処分ゼロを目指し、猫のTNR(trap, neuter, return)をメインに活動しているNPO法人。TNRとは、地域猫を捕獲(トラップ)して避妊手術(ニューター/手術した猫の耳の先をV字にカットし手術済みの印に)を施し、元の場所に戻す(リターン)という活動。不要な繁殖を防ぎ、不幸な命を自然に減らしていくべく、日々奮闘している。現在、ボランティアメンバー200名を擁するこの『ねこけん』をいちから作り上げたのが、溝上氏だ。動物福祉を考え始めたのは、彼女が中国の大学に通っていたとき、1匹の犬を助けられなかったことがきっかけだそうだ。

 「市場に見るからに具合の悪いワンちゃんがいたんです。どうしても助けたくて、費用は全部出すから病院に行かせてほしいと頼みましたが叶わず、日本に連れ帰ることもできなかった。無力さを感じながら、その子に『日本に戻ったら、あなたの仲間を絶対に救うから』と誓いました」

 帰国後、すぐに野良犬・野良猫を救おうと動き始めた溝上氏だったが、個人ではわからないことも多く、あるボランティア団体に所属。そこで2年間、保護活動の修行を積み、2011年に『ねこけん』を設立。翌年には、資金の流れを透明化するため、NPO法人となった。当時は小さな法人だったものの、あるとき『ねこけん』の名前が世に知れ渡る出来事があった。東京・国立市で起こった殺人事件の犯人宅がテレビに映り、部屋に放っておかれたままの猫をボランティアメンバーが目撃。警察に掛け合って25匹の猫を保護したが、それがメディアに取り上げられ、『ねこけん』は一躍有名になった。有名になること、それはボランティアにとって、動物を救う資金を得やすくなるということと同等だ。「病気の猫への薬がたとえ100万円かかっても、救うことに迷いはありません。絶対に命を優先さえることが『ねこけん』の理念ですから」と、溝上氏は語る。

 そんな力強い理念を抱いた『ねこけん』を、ブログやTwitterで知った人も多いだろう。世は可愛らしい猫の写真や動画で溢れ、“保護猫”と名のついたものでも、多くは“保護された後に幸せに暮らす猫”の様子だ。だが『ねこけん』のブログには、虐待にあった猫、多頭飼いが崩壊しひどい環境にいた猫、病気になって行き倒れになった野良猫など、思わず目をそむけたくなるような写真が掲載されている。こうしたショッキングな内容を公開するのは、「現実に起こっていることをアナウンスすべき」という考えからだ。

 「人間の都合で、虐待やとんでもない環境を耐えてきた猫たちがいます。また、今でこそ地域猫という言葉も定着しましたが、彼らの最後はこうなってしまんうんだということも知ってほしい。安易にご飯をあげればいいというものじゃない。病気だったらちゃんと病院に連れていかなきゃいけないし、不妊去勢の手術もしなきゃいけない。ブログでは、自分たちでやれることを発信しなきゃいけないと思ったんです。また、他のボランティア団体に向けたメッセージでもあります」

 1日、約9万アクセスあるというブログの影響力は大きい。ここで活動報告をすることで寄付金も集まり、病気の猫が使う酸素室が寄付されたこともあるという。ただし、現実はブログよりさらに厳しいことがあると、溝上氏は明かす。「本当にショッキングな写真はブログにも載せることはできません。もっとひどい状態の猫ちゃんもたくさんいるということも知ってほしいんです」。

■批判もあるが助けられたことも…子猫救助にSNSユーザーが協力

 赤裸々に記すがゆえに、ときには批判的な意見が寄せられることもある。だが、「自分が正しいと思うことをやっているので、その成否を問う必要はないと思っています」と、確固たる意志が揺らぐことはない。ただ、注意しているのは、保護猫たちの“結果”を載せるということ。「見ている人が不安にならないよう、途中経過のものは載せないように。解決した案件しか載せていません。どんな最後を迎えようと、結果が出てから書くようにしています」。

 このブログはボランティアメンバーの1人が書いているものだが、それをTwitterで投稿して、より多くの人に届ける形をとっている。また、それとは別に溝上氏自身も1年ほど前からTwitterを始め、その拡散力には驚いているそうだ。

 「あるとき、穴に落ちた子猫を救助しに向かったんですが、どうしても助けられないことがあって。夜中の2時だったし、消防署の方でもどうにもならなくて、すがる思いでTwitterで助けるアイディアを募集したんです。そうしたら、なんと1万人もの方がリツイートしてくれて、いろんな救助方法を出しあってくれて…。とても感謝しましたし、感動しました。おかげで、その子猫も助けることができました」。

 『ねこけん』に代表されるようなボランティアの奮闘や発信、メディアでの紹介もあり、世間の動物愛護への意識も徐々に変わってきたという。

 「私がボランティアを始めた当時は、よく『野良猫にエサをやるな』と言われて、理解を得ることに苦労しました。でも今は、日本人の動物愛護への意識も変わり、一歩ずつですが法律も進んできています。世の中の人が猫や犬に対してとても優しくなってきていて、ボランティアの活動もしやすくなりました」

 とはいえ、飼い方にはまだまだ課題も多い。

 「飼い猫を家から外に出さなければ、野良猫が増えることもありません。外に出せば虐待される危険性もありますし、車にひかれることもあります。徹底的に室内飼いを守ってほしいですね。また、多頭飼いは問題になる事例も多いだけに、国が不妊手術を義務化してほしいと思っています」

 『ねこけん』では、保護猫を譲渡する際には、かなり厳しい条件が設定されている。HPによると、終生飼養、完全室内飼養、年1回の報告、ペット飼育可物件での居住などがあるが、ほかにもまだまだ“NG事項”は多いとか。

 「一般家庭で飼う猫は4頭までなど、いろいろと決めごとがあります。なぜここまで条件が厳しいかというと、これまで多くの失敗をしてきたから。私たちが大丈夫と思って譲渡した先で、猫たちが不幸になってしまうこともありました。そういうことをなくしたい、だからルールは厳しくしているんです。でも、このルールを満たして『ねこけん』から譲渡されたということが、一つのステイタスになったらいいなとも思っていて。すべての条件をクリアした意識の高い飼い主である、というようにブランド化すれば、猫たちも幸せになれると思うんです」。

 「猫や犬はペットじゃなく家族。彼らの健康状態を見てあげて、きちんとご飯を食べさせてあげて。そうすることで、家族として末永く一緒に暮らしてもらいたいですね」と溝上氏。動物が好きだからという理由だけで、“命”を預かることは難しい。だが、それを理解することが、ひいては不幸な動物たちを救うことになる。ブログで『ねこけん』の活動を知り、保護猫たちのリアルを目の当たりにすることが、動物と関わることの責任と覚悟を自覚させてくれる。

(文:今 泉)