7月18日に亡くなった三浦春馬さん(享年30)の著書『日本製』(ワニブックス)が、週間2.6万部を売り上げ、8月28日発表の最新「オリコン週間BOOKランキング」で1位を獲得。前々週8/17付で初TOP10入りとなる9位にランクインし、前週8/24付では初TOP5入りの4位と徐々に順位を上げていた本作が、TOP10入りから3週目となる今週付で遂に初の1位となった。

【相関図】三浦春馬さん遺作ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』相関図

 本作は、月刊誌『プラスアクト』で、約4年にわたり掲載された同名人気連載をまとめたもの。三浦さんは、全国47都道府県を訪れ、日本文化・伝統・歴史・産業などを自ら取材した。また本作には、新たに撮り下ろした写真とロングインタビューも掲載されている。

 7月末に本作の重版が決定し、今後の売り上げの一部が認定NPO法人『フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN』を通じ、ラオスのラオ・フレンズ小児病院へ寄付されることが発表。三浦さんは長年取り組んでいたチャリティーイベント『Act Against AIDS』で、実際にラオスに足を運ぶなどして支援活動を続けていた。

 なお三浦さん作品は、音楽作品もセールスを伸ばしており、昨年8月発売のデビューシングル「Fight for your heart」は、8/17付「週間シングルランキング」から最新8/31付まで3週連続TOP10入りを記録。また今週8月26日には2ndシングル「Night Diver」が発売。来週発表9/7付「週間シングルランキング」での上位ランクインが期待される。

※「オリコン週間"本”ランキング」は、「2008/4/7付」よりスタート

<クレジット:オリコン調べ(8/31付:集計期間:8月17日~8月23日)>