新型コロナウイルスに感染し療養していた声優の神尾晋一郎が、PCR検査で「陰性」になったと27日、所属事務所が発表した。

■神尾晋一郎のプロフィール 主な出演作品も

 所属事務所は「神尾晋一郎についてのお知らせ」とし、「8月20日に、新型コロナウイルス感染症に対するPCR検査で陽性が確認され、指定の宿泊施設にて療養しておりました神尾晋一郎ですが、厚生労働省による退院基準を満たし、8月25日に指定の宿泊施設から自宅に戻りましたので ご報告申し上げます」と報告。「尚、退院基準を満たした後のPCR検査においても陰性反応が確認されております」と説明している。

 続けて「この度はファンの皆様、関係者の皆様には多大なご心配・ご迷惑をおかけ致しまして、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。「神尾晋一郎は、今後経過観察をしていきながら、順次仕事に復帰させていただきます。当社といたしましては、引き続き、関係各位の皆様・所属キャスト・スタッフ・お客様への安全確保を最優先に一層の感染予防・拡大防止を実施してまいります」としている。

 神尾は8月15日に一度発熱症状が見られ、翌日には平熱に戻ったが、大事をとって仕事を休み自宅待機していた。しかし17日に再び発熱がみらたため、18日にPCR検査を受けた結果、20日に陽性と判明した。

 神尾は『あんさんぶるスターズ!』の鬼龍紅郎役や、『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』の毒島メイソン理鶯役など、さまざまなキャラクターの声優として活躍。NHK『世界はほしいモノにあふれてる」ナレーションや、『グレーテルのかまど』の朗読なども担当する。