先月18日に亡くなった俳優・三浦春馬さん(享年30)が出演するNHK総合の『世界はほしいモノにあふれてる』(毎週木曜 後10:30~11:15)は、きょう27日が最後の新作エピソードとなる。

【写真】番組内で紹介される和の台所道具

 2018年4月にスタートした同番組で、三浦さんはシンガー・ソングライターのJUJUとMCを担当。以来、「メイド・イン・ジャパン」の魅力を取材してきた三浦さん。生前最後に収録したテーマは「和の台所道具」だった。

 今回は、日本の食文化を世界に伝える作家、アメリカ出身のナンシー・シングルトン・八須さんの取材に同行。新潟、秘伝の銅器“紫金色”。富山、鍛造の技を守る職人による“幻のイカサキ包丁”。海外で人気の南部鉄器や、日本が誇る漆器の奥深い世界を紹介。スタジオでは、三浦さんと、料理にはこだわりのあるJUJUが、愛用の私物を披露する。

 番組公式ホームページには、「番組開始からMCをつとめる三浦春馬さんがお亡くなりになりました。ときには自らも旅に出て、世界中のすてきなモノ、そして、それを生み出す職人・デザイナーたちと出会い、その魅力を優しく温かな目で、誠実な言葉で伝えてくれました。ここに、心からの感謝と哀悼の意を表します。」と、追悼メッセージが掲載されている。