お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、実在する人気女優・アイドル・モデルたちのイメージから創作した初の短編小説『あのコの夢を見たんです。』が、テレビ東京・金曜深夜の「ドラマ24」の記念すべき60作目としてドラマ化、10月期に放送されることが明らかになった。山里亮太役で主演を務めるのは、民放ドラマ初主演の仲野太賀。2人からコメントも届いている。

【写真】現在は、『浦安鉄筋家族』を放送中

 原作は、2010年10月から月刊テレビ誌『B.L.T.』(東京ニュース通信社)にて連載がスタート。その数は連載時で66本にものぼり、誰もが一度は思い出す青春の1ページから、淡くも切ない恋愛小説、あっと驚くファンタジー小説までエピソードは多岐にわたる。その連載の中から人気の16本を厳選し、19年4月に小説を発行。発行後には重版化もされた。

 今回、小説の中からさらに厳選したエピソードのほか、山里が新規で書き下ろしたエピソードを加え、多種多様な展開が満載のエンタテインメント作品としてドラマ化が決定。山里ならではの想像力とイメージから生まれ、“オチ”と“どんでん返し”が盛り込まれた、“現実逃避”ドラマに、テレビ東京の深夜ドラマ史上、最も豪華な女優たちが出演することになっている。

 映像化を手掛けるのは、今、映画界で注目を集める気鋭の女性クリエイターたち。第30回東京国際映画祭のコンぺティション部門受賞作品『勝手にふるえてろ』(2017年)やドラマ『捨ててよ、安達さん。』(20年4月、テレビ東京)などで監督を務めた大九明子。映画『PARKS パークス』(17年)やドラマ『セトウツミ』(17年、テレビ東京)などの瀬田なつき。国際映画祭にて選出された映画『少女邂逅』(17年)や『放課後ソーダ日和』(19年)など最注目の若手映画監督・枝優花。国際ファンタスティック映画祭にて審査員特別賞・観客賞を受賞した作品『脱脱脱脱17』(16年)など、現役大学生でありながら映画監督としての顔を持つ映像作家・松本花奈。第一線で活躍する女性監督たちが各話のストーリーを作り上げていく。

 毎話、創作で生まれる物語の中で、さまざまな“山里亮太”を演じる仲野は「山里さんの妄想物語と聞いて、素敵なヒロインの方々との恋愛模様が爽やかに描かれるもんだとばかり思ってました。蓋を開けたら、全っ然違う。素敵なヒロインと全っ然恋愛出来ない。何がなんでどうしてこうなった。突然で創り込まれた癖のある妄想の数々。めちゃくちゃな設定に巻き込まれた、素敵なヒロイン。そして僕。そして、スタッフ。実在する山里さんから、遠く離れた妄想の世界で愉快に遊んでいます。一体このドラマはどこに向かって行くのか。僕自身もこの先楽しみです」と、コメント。

 山里は「妄想だからこそどんな人でもキャスティングできたんですが、これを現実のものにするのは不可能だと思っていました。まず山里の妄想に今大忙しの女優さんたちが付き合ってくれるはずないと。それが、ダメもとで聞いてみたら引き受けてくださって、もう感謝とかの前にひたすら驚いております。さらに、仲野太賀さんにも声をかけさせてもらったら、これもOK。とんでもない幸運に包まれたドラマです。

 妄想ならではの無茶苦茶も皆さんのお力で素晴らしい映像にしていただけました。僕の妄想をかなえてくださった役者さん、そしてスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。皆様、私の脳内なんか見たくないと思う方も、素晴らしいチームで作り上げた素晴らしい作品になっておりますので、どうか怖いもの見たさでもいいので見てみてください」と、アピールしている。