俳優の瀬戸康史が27日、都内で行われた映画『事故物件怪談 恐い間取り』の公開前夜祭舞台あいさつに登壇。8日に女優・山本美月との結婚を発表してから、初の公の場となり、メガホンをとった中田秀夫監督からサプライズで花束を受け取った。

【イベント写真】映画公開を祝してテープカットする亀梨和也ら

 あす28日に公開を迎えることから、中田監督は「前夜祭、お祭りというのはおめでたいものだと思います。ところで我らがメンバーにもおめでたいメンバーがいます!」と話を振ると、瀬戸は「ありがとうございます!」と満面の笑顔を見せた。

 本作の公開を迎えるにあたり瀬戸は「大変な状況の中、無事明日公開を迎えるということでうれしく思います。僕が今まででいちばん怖いと思った『リング』の監督でもある中田さんが撮った“新感覚ホラー”を皆さんに楽しんでもらえることをうれしく思います」と精いっぱいアピールしていた。

 この日のイベントには、亀梨和也、奈緒、松原タニシも出席した。

 同作は殺人・自殺・火災による死亡事故などがあった“いわくつき”の部屋『事故物件』に住み続ける“事故物件住みます芸人”として活動する松原の実体験によるベストセラーノンフィクション『事故物件怪談 恐い間取り』を実写化。『リング』シリーズや『スマホを落としただけなのに』シリーズなどで知られる、中田監督がメガホンをとった。