韓国の4つの人気グループから選抜された7人組ユニット・SuperMが、9月1日午後1時に配信リリースする新曲「Tiger Inside」の新ビジュアルが公開された。

【写真】イケメン7人組SuperM新ビジュアル 別カットも

 1stフルアルバム『Super One』(9月25日発売)から2作目の先行シングルとなる「Tiger Inside」は、猛獣がうなる鳴き声をイメージさせるシンセサイザーとディストーションされた強烈な808ベースが印象的な「東洋」をテーマにしたダンス曲。

 歌詞には「みんなに隠されている内面の野獣性を引き出して、直面したつらいことを克服しよう」とのメッセージが込められている。虎の動きを形象化したダイナミックで躍動感のある振付にも注目だ。

 昨年8月に結成されたSuperMは、SHINeeのテミン、EXOのカイ、ベクヒョン、NCT 127のテヨン、マーク、Way Vのテン、ルーカスからなる7人組。今月21日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション 2時間SP』に続き、29日にはオンラインで開催される音楽フェス『a-nation online 2020』に出演することが決まっている。