アイドルグループ・日向坂46の影山優佳(19)が、27日発売のグラビアマガジン『Platinum FLASH」vol.13』(光文社)に登場。今年5月末に約2年ぶりに活動を再開した“かげちゃん”が、鮮やかに成長した美しさで魅了した。ORICON独占カットとともに紹介する。

【独占カット】爽やかな表情を見せた日向坂46・影山優佳

 影山は、旧名けやき坂46の1stアルバム『走り出す瞬間』(18年6月20日発売)のリリースをもって、学業に専念するため活動を休止し、今年5月から活動を再開。趣味はサッカー観戦で、先月にテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』に出演した際には、マニアックすぎる知識を披露し、大きな話題となった。

 今夏は最新撮り下ろしグラビアとともに、休業期間に取り組んだことや活動を再開した感想を語ったインタビューも掲載。2年間で感じた変化について「みんな美に磨きがかかってすごくかわいくなっていて、なかでも、金村美玖は大人っぽくなっていて驚きました」と語っている。

 同号にはそのほか、日向坂46の新3期生の高橋未来虹・森本茉莉・山口陽世、乃木坂46の清宮レイ、NMB48の山本望叶、#ババババンビ、AKB48の福岡聖菜、坂口渚沙&込山榛香などが登場。表紙を飾ったのは日向坂46の齊藤京子、裏表紙を飾ったのは新條由芽。