『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』『インターステラー』『ダンケルク』と斬新なアイデア、驚異的ビジュアル、圧倒的なリアリティで、観客に新たな世界を体験させ続ける“世界でも最も次回作が期待される”クリストファー・ノーラン監督。彼の集大成にして最高傑作の呼び声高いタイムサスペンス超大作タイムサスペンス超大作『TENET テネット』(9月18日公開)より、「ストーリー編」と、鍵となる衝撃の「時間の逆行」シーンを集めた「逆行編」の2本の最新スポット映像が解禁となった。

【動画】衝撃の新カット入り15秒スポット追加

 9月3日の全米公開に先駆け、現地時間8月26日から欧州・アジア圏を皮切りに、世界各国で順次世界公開される本作。海外では早くも「完全にやられてしまった。最高の映画体験だ。クリストファー・ノーラン監督が手掛けてきた、すべての作品がそうであったように、映画がなぜ存在するのか、なぜ映画は素晴らしいのか、私たちに教えてくれた」(EMPIRE MAGAZINE)、「目を見張るような没入感あるアクションは、まさに映画と言うにふさわしい心を躍る体験だ」(TOTAL FILM)、「いったどうなっているんだ!? 細胞を刺激する映画体験だった」(The New York Times)、「圧倒的な没入感。あなたの予想を上回る、スペクタクルな映画体験を約束する。クリストファー・ノーラン監督は、私たちのイマジネーションの世界を具現化する天才だ」(The Observer)と、そうそうたるメディアから絶賛の声が相次いでいる。

 長編デビュー作『メメント』から20年、『インセプション』から10年を迎え自身も生誕50歳を迎える節目に公開となる『TENET テネット』は、まさに彼の集大成と呼ぶのに相応しい作品。

 今回、解禁された最新スポット「ストーリー編」は、核戦争よりももっと悪いという人類滅亡の危機を阻止するミッションを課せられた主人公の名もなき男(ジョン・デイビット・ワシントン)と、相棒のニール(ロバート・パティンソン)が奔走するスリリングな映像となっており、人類が疑いなく信じ続けてきた〈時間のルール〉から脱出し、時間に隠された衝撃の秘密を解き明かし、第三次世界大戦から人類滅亡を防ぐという無謀なミッションに挑む彼らが刻まれている。

 「逆行編」は時間を逆行する敵とのアクション、クラッシュして横転した車が壊れることなく元通りに走行するという常識では考えられない描写の展開で構成されている。

 そして「ストーリー編」「逆行編」共に特筆すべきは「時間の逆行」によって破壊されたビルの瓦礫が元通りになりながらも、再び爆発が起きるというこれまで誰も見たことのない衝撃の新カットが含まれていること。この描写は一体何を意味するのか!? 数々の驚きと喜びを与えてきたクリストファー・ノーラン監督が予想を超える驚きを提供してくれることは間違いない。

(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. IMAX(R) is a registered trademark of IMAX Corporation.