東山紀之が主演するテレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00~9:54)。26日放送の第4話に、大ヒット映画『カメラを止めるな!』(2018年)に主演、今年の緊急事態宣言下にYou Tubeで配信された短編スピンオフ『カメラを止めるな!リモート大作戦!』でも大きな話題を呼んだ濱津隆之と、過酷なオーディションバトルで知られるアイドルグループ・ラストアイドルのセカンドユニット「Love Cocchi」のメンバーとして活躍中の中村守里がゲスト出演する。

【写真】過去と現在をつなぐ重要人物を演じる中村守里

 濱津が演じるのは、刺殺事件の被害者・柴田茜(中島菜穂)の児童虐待を疑っていた児童福祉司・沼田正樹。沼田は、虐待の事実を確認するため家庭訪問した際、「最近変な男につけられている」という茜の発言を聞いていて…。濱津が、犯人の足取りを追う専従捜査班にとって重要な証言をする沼田を演じる。

 一方、中村が演じるのは、5年前、下校途中に刺殺された女子高生・望月奈緒。茜の殺害現場に残されていた血の「×印」が、当時、奈緒のそばにも描かれていたことから、関連が疑われる。また、天樹らの捜査で、茜を殺して娘を連れ去った容疑者・朝倉佑二(田中幸太朗)が偽名を使っており、本名は“矢木俊平”、しかも当時、非常勤の美術教師として奈緒の高校で働いていたことも明らかになる。さらに、奈緒と矢木の“ある”共通点も判明して…。

 被害者の重要な発言を聞いていた沼田と、容疑者との共通点で過去と現在をつなぐ奈緒。事件の重要なカギを握る人物を濱津と中村が熱演している。