25日発売の『ビッグコミック』(小学館)17号で、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおのインタビュー記事が掲載された。ファンを公言している漫画『BLUE GIANT』について熱弁している。

【写真】伊達も注目!ジャズ漫画『BLUE GIANT』

 インタビューでは、読み始めたきっかけについて「『仙台出身の大くん』が気になったからですね。いっぱい出てくるんです、仙台のパン屋さんの『定進堂』とか『北京餃子』とか」などと作品を通じて“宮城愛”を伝えている。

 『BLUE GIANT』(2013年~16年)は、宮城県仙台市に住む高校生・宮本大が、将来何をしたいのかわからず学生生活を送っている時に、初めてのライブハウスでジャズ演奏を目の当たりにしてサックスプレーヤーを目指すストーリー。

 4月に完結した前作『BLUE GIANT SUPREME』(16年~20年)では、ドイツに舞台を移した大の姿が描かれていたが、新シリーズとなる『BLUE GIANT EXPLORER』では大が、ジャズが生まれた国・アメリカの地へ降り立つ物語が展開されている。シリーズの“日本編”の中から秀逸なライブシーンを厳選した『BLUE GIANT LIVE SELECTION』が28日に発売される。