関西ジャニーズJr.・Aぇ! groupの正門良規が、9月22日スタートのカンテレ・フジテレビ系5週連続ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(毎週火曜 後9:00※初回15分拡大)に出演することがわかった。主演の福士蒼汰演じる黒沢兵悟が属する『潜入捜査チーム(通称D班)』。そのチームの班長・伊達直哉(安藤政信)が所属する兵庫県警組織犯罪対策課の若手刑事・上島哲也(うえしま・てつや)役に起用された。正門は「驚きと、うれしさと、いろんな気持ちがありました」と心境を明かしている。

【写真】野村周平、安藤政信らが出演

 今作はコミック雑誌『グランドジャンプ』(集英社刊)で連載していた人気漫画『DIVER-組対潜入班-』(作・大沢俊太郎氏)を実写化。かつては警察も手を焼くほど巧妙な手口を考え出す犯罪者だった主人公の黒沢兵悟が、その異常なIQ・判断力・身体能力が認められD班の一員として、犯罪組織に潜入。自身の正義で悪を裁いていくノンストップサスペンス。

 正門はバンドとしても活動するグループ内ではギターを担当。2019年には『恋の病と野郎組』(BS日テレ)、連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)、2020年には『年下彼氏』(朝日放送テレビ)に出演するなど、俳優としても活躍の場を広げており、その定評ある演技から今回のドラマ出演が決定した。またグループとして初冠レギュラー番組『なにわからAぇ! 風吹かせます!』(カンテレ)では身体を張ったロケで笑いもとれるアイドルとして人気を集めている。

 今回の出演にあたって、正門は突然マネージャーから「痩せてほしい」と連絡があったといい、「そんなに太ったかな!?と思って頑張ってダイエットしました。すると後日、『DIVERに出演が決まりました!』と言われて、『だからか!』と分かったんです」と“サプライズ”を振り返る。 

 撮影初日も、犯罪組織の家宅捜索に踏み込むシーンの撮影からスタートした。「いきなり事件に立ち向かう警察官の演技をするのは、すごくドキドキしました。『少年たち』という舞台で、僕は囚人役をやっていたんですが、取り押さえる看守役の人たちの仕草を見ていたので、今回のドラマに少しは活かせたかな、と思います。捕まえられる側から捕まえる側になりました(笑)」と過去の出演作の経験を生かすことができたよう。

 今回のドラマは兵庫県神戸市が舞台で、神戸市内をはじめ関西での撮影が続く。大阪出身で関西ジャニーズJr.として活躍する正門は、「関西から全国を盛り上げていきたいと思っているので、関西を拠点に撮影している全国ネットドラマに携われることがとてもうれしいです。『あ、あの場所や!』って思いながら撮影現場に向かっています」と馴染みある場所でのロケを満喫している。

■共演者には『スカーレット』キャストも…和やかな現場を報告

 また、正門演じる上島の上司・鏡課長役の正名僕蔵について、正門は「正名さんは、本当にムードメーカーで、正名さんが来て下さったら、現場の雰囲気が明るくなります!」とコメント。正名に演劇論を教わることもあるそうで「本当にありがたいです。これまで積み重ねてこられた経験を教えてくださるなんて。授業料を払わないといけないんじゃないかというくらいの内容を教わりました。そのお話を聞いて、演技をする上で考えることが増え、視野が広がったなと思います」と刺激を受けたそう。

 そんな正名も「正門さんはすごく若いんだけど、大人っぽいところがありますね。人生経験を積んできたような落ち着きがあって、妙に頼りになるなと思います」と絶賛。

 また、同じ兵庫県警組織対策課の若手刑事・大山を演じる中山義紘については「役柄ともリンクする部分があるんですけど、中山さんは先輩として引っ張っていってくれています。僕はどちらかというと人見知りなんですが、話しかけてくださって、休憩中もよく話しています」と打ち解けたそう。

 中山は「以前、お互い『スカーレット』(NHK)に出演していたんですが、共演シーンがなかったので、現場で会ったとき『あのシーンに出てましたよね!』と、盛り上がりました(笑)。正門君はすごく真面目で、芝居に対する熱を感じます。正名さんと3人で熱くお芝居の話をしたりしています」と、現場の和やかな雰囲気を明かした。
 
 最後に、正門は「スピード感もあって面白いドラマなので、ぜひ楽しんでほしいです。スカッと楽しんでもらえる5週間になると思います!D班ももちろん、組織対策課の雰囲気も楽しんでいただきたいです。クスっと笑えるシーンや、アクションシーンも楽しんでいただければうれしいです!」とドラマの見どころをアピールした。