インターネットラジオサービス「radiko」に、9月1日よりエフエム徳島が参加・配信を開始。これにより、民放ラジオ全99局の聴取が可能となる。

【画像】「#ラジオバトン99」ツイッターキャンペーンの概要

 radikoはこれまで、パソコン、スマートフォンなどさまざまなデバイスで、どこでも、簡単に無料でラジオが聴けるサービスの提供を主軸に、災害時の情報インフラを担うための難聴取エリアの解消、放送エリア外聴取を可能にした『エリアフリー聴取』(ラジコプレミアム/有料)、過去1週間までのさかのぼり番組聴取を可能にした『タイムフリー聴取』、好きな番組をSNSで共有できる『シェアラジオ機能』、ユーザーにおすすめの番組を推奨する『レコメンド機能』など新しいラジオの楽しみ方の提案をしてきた。

 今回の民放ラジオ全99局の参加により、radikoは設立10周年(2010年12月1日設立)となる今年、ラジオ業界の大同団結によるラジオの再価値化のひとつを実現。また、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大の影響による在宅リモート勤務などの新しい働きかた改革の推進の流れを受けて、今春には月間ユニークユーザー数は過去最大の900万人に到達している。

 今回の民放ラジオ全99局のradiko参加を記念し、ラジオリスナーに向けて各都道府県の放送局が選ぶ「イチ押しグルメ商品」をプレゼント。“ラジオで、日本を元気に!”と題した「#ラジオバトン99」ツイッターキャンペーンを9月9日から11月末まで実施する。