昨年2月にステージ4の舌がんであることを公表し、手術を経て壮絶なリハビリを続けてきたタレントの堀ちえみ(53)が、23日放送の日本テレビ系『24時間テレビ43』に出演。会場となる両国国技館で、手術後初歌唱を披露。別室からは、親衛隊が全力で声援を贈る中、涙を浮かべながら歌い上げた。

【貴重写真】デビュー3年目の初々しいアイドル姿を公開した堀ちえみ

 ステージ4の舌がんと宣告を受け、一度は人生を諦めたという堀だったが、家族とファンに支えられ、舌の6割を切除し奇跡の生還を果たした。そんな堀が「動き出した」新しい目標は、支えてくれたファンのために歌を届けるということ。ボイストレーニングを重ねる堀を、メインパーソナリティーの増田貴久が取材した。

 堀はひどい口内炎に悩まされた当時について「夜中に痛みで目が覚めて、舌を見た時にこれは普通ではないと。(パソコンで)『口内炎 治らない』と検索したら(自分と同じ症状の例が見つかり)ステージが4って書いてあって。震えが止まらなくて…」と回顧。その後、病院を訪れたところ、ステージ4の舌がんであると診断された。

 治療や手術はしないと、ひとり心に決めていたそうだが「いつもはクールで冷静な娘が泣き崩れて『お母さん、いろんな病気と闘ってきたのに、今度はがんなんて悲しすぎる。お母さん、まだ私16歳なんだよ』って言って…。その時に、私の命は私だけのものじゃなくて、家族のものでもあるんだなと。どんな痛い思いをしても、手術を受けて、ちょっとでも長く生きないといけない」と涙ながらに思いを語った。

 舌の6割を切除したために、術後はうまく話せなかったが、家族の支えやファンの声援も受けながら懸命にリハビリを行ってきた。「絶対に歌いたい」という思いで、手術から5ヶ月後にボイストレーニングを始めた堀が、今歌いたいのは1985年の楽曲「リ・ボ・ン」。堀は「歌えるっていう日が来るのを夢見て、ずっと同じことを何回も何回も繰り返して、頑張ってきました」とVTRで宣言すると、映像が会場へと切り替わった。

 親衛隊の声援に後押しされながら、堀は見事に「リ・ボ・ン」を歌い上げた。歌唱後、膝をついて泣き崩れた堀は、親衛隊からのメッセージを受け取り「きょうはありがとうございました。みなさんに感謝感謝しております。うれしかった」と万感の気持ちを言葉にした。

 堀は、今年1月7日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』にゲスト出演し、手術後初のテレビでの肉声を届けた。黒柳徹子から「よかったね、元気でね。ファンの皆さんに一言」と声をかけられると、堀は「はい、大変でしたけど、無事に戻ってきました」と目にはいっぱいの涙を浮かべていた。