俳優・坂口拓が主演を務める侍映画『狂武蔵』(公開中)の冒頭映像とアクションシーン映像が24日、解禁になった。

【動画】山崎賢人が優しい笑顔を見せる…『狂武蔵』冒頭映像

 本作は、映画『GANTZ』シリーズや『キングダム』のアクション監督を務めた下村勇二氏がメガホンをとり、77分ワンシーン・ワンカットで撮影。宮本武蔵・坂口が、道場破りをした吉岡道場の一門に奇襲にあい、400人との死闘を繰り広げるアクション映画。坂口は「本気でかかってこい! 手を抜いたら殺す!」と共演者に圧をかけ、リアルな緊張感の中、撮影が行われた。

 冒頭映像には、親友・吉岡清十郎を武蔵に討たれたことで深く悲しみ、武蔵へ復讐に燃える武士・忠助を演じる山崎賢人が登場。吉岡一門の嫡男・又七郎に対し忠助は「又七郎殿には、我らが指一本触れさせません」と笑顔を見せながら守り抜くことを誓う。そして「本日が宮本武蔵の命日となろう!」とこれから始まる決闘を予感させる。

 アクションシーンは、大勢の武士に囲まれる武蔵を映したもの。同時に斬りかかってくる武士に対し、冷静に技を返す武蔵・坂口の本気のアクションが見て取れる映像になっている。