女優の浜辺美波と俳優の横浜流星がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『私たちはどうかしている』(毎週水曜 後10:00)第3話(26日放送)の場面写真が到着。物置の中で浜辺が横浜を抱き寄せ“急接近”する姿が写されている。

【写真】オフショットでは仲良くWピースする浜辺美波&横浜流星

 同作は漫画雑誌『BE・LOVE』(講談社刊)で連載中、累計発行部数200万部超の『私たちはどうかしている』(安藤なつみ氏著、既刊12巻) を実写化。浜辺演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人・花岡七桜と、横浜演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも強く惹かれ合うラブミステリーだ。
 
 15年前、光月庵の跡取りである椿の証言で、若旦那を殺した罪を着せられてしまった七桜の母。七桜と椿は、幼なじみで初恋の相手でありながら、“容疑者の娘”と“被害者の息子”となってしまう…。第1話では、運命の2人が15年の時を経て再会。七桜は母の無実を証明しようと、正体を隠したまま光月庵に乗り込む。しかし、第2話のラストでは、七桜の正体が女将・今日子(観月ありさ)に知られてしまう展開に。はたして七桜は、椿と幼なじみの“さくら”であることを隠し通せるのか?

 今回のシーン写真は「信用ならないやつは手元に置いておく」と椿に言われて閉じ込められた物置で、七桜が椿を抱き寄せる場面。逃げ出そうとした七桜が取った手段とは。そして、椿が七桜を閉じ込めた真の理由とは?

 第3話では、椿と大旦那(佐野史郎)の確執、七桜の正体を知る男・多喜川(山崎育三郎)との接触、七桜の母親と名乗る謎の女性(須藤理彩)の出現など、見逃せない展開が続く。そして、すべての物語の発端となった15年前の殺人事件。女将、大旦那、職人たち、七桜を取り巻く人々の中で、誰が真犯人なのか、事件の真相を知るのは誰なのか。