いまや“いい人イメージ”が定着したサンドウィッチマンが、ブレイク前のチンピラ風ルックスに戻った? とも見てとれる、悪人顔にデフォルメされたイラストがSNSに投稿され話題に。そのあまりのアウトレイジ感に、「デフォルメがうますぎる」「許しを請う相手に『ちょっと何言ってるかわかんない』ってバッサリいきそう…」「こんな悪い顔してて実は心優しかったりするのかも」と多くの反響が寄せられた。

【画像】第七世代の有名コンビも…「悪人アウトレイジ感ハンパない」作者の芸人愛が込められたイラスト集

■「悪人顔は自分の好きを追求した結果なんです」

 投稿主のshiohidaさんは、幼い頃からテレビ番組を見るのが大好きだったという。なかでもお笑い番組が好きで、気になる芸人さんが現れると、その人のキャラクターや本質がより色濃く出るラジオやYouTubeなどのコンテンツを視聴する。最初に感じ取った雰囲気を誇張して、こんなキャラクターがいたら面白いなと想像を働かせながら、イラストを仕上げていくのだという。

――お笑い芸人さんの絵を描こうとおもったきっかけをお聞かせください。

「お笑いが好きというのと絵を描くのが好きというのが合わさって必然的に芸人さんの絵を描くことが多くなっていきました。ただ基本的には自分の好きな人を描いているので芸人さん以外の絵も描いています」

――霜降り明星、千鳥、鬼越トマホークなど、ほかの絵を見ていても、特徴をよくとらえていらっしゃるように見えます。お笑いにも詳しそうだな…と想像しましたが、実際はいかがですか? どのくらいお笑いが好きなのか、特にどういう分野を見てきたのかなどあれば、お聞かせください。

「昔からお笑い好きのテレビっ子だったのでお笑い番組をよく見てきました。また一人暮らしをするようになってからは芸人さんのラジオをよく聴くようになりました。ラジオだとテレビでは知ることのできないエピソードや芸人さんのキャラクター、関係性、ノリが楽しめるので今ではかなりのラジオ好きになりました。気になる芸人さんがいればまずラジオを探しますね。また、最近ではYouTubeを始める芸人さんが増えているのでそういうコンテンツもよく視聴します。結構よくいる普通のお笑い好きっていう感じです」

――“悪人顔”に仕上げているのはなぜですか?

「イラストは、“全員悪人アウトレイジ”をコンセプトにやっています。嘘です。人を誇張して描くときに意識しているのはそれが漫画とかに出てきたときに魅力的なキャラクターになるということです。僕の好きなキャラクターは大体悪役なのでそういう絵になるんだと思います。自分の好きな雰囲気を追求した結果な気がします」

■サンドウィッチマンのイラストに反響「こんな悪い顔してて実は心優しかったりしそう」

――サンドウィッチマンさんのイラストがTwitterでとても話題になっていました。コメントには「許しを請う相手に『ちょっと何言ってるかわかんない』ってバッサリいきそう…」「こんな悪い顔してて実は心優しかったりしそう」「誰だろーって見ていくのが楽しい」という声も。これらの反響に対してあらためていかがですか?

「面白いですよね。イラストを描くときは、魅力的なキャラクターになれば良いなと思いながら誇張しているので、そうやって想像を働かせてセリフをつけたり性格を考えてくれるのは嬉しいです。ただサンドウィッチマンさんのイラストがかなりバズったことに関しては本当に意外でした。今まで描いてた絵と本当に何も変わらないので今でもなんで?って思ってます。嬉しさよりなんで?が圧勝してます」


――サンドウィッチマンさんのイラストを例に、特に工夫したポイントをお聞かせください。イラストを描かれるときに、どんなことを意識するのか、こだわるところをお聞かせください。

「富澤さんはシンプルにいかつく、伊達さんは煮卵って感じで誇張してます。色的にはナスになっちゃったんですけど…。(サンドウィッチマンさん始め芸人さん尊敬しています!失礼に感じたら本当に申し訳ありません!)。大体最初に感じた雰囲気とかイメージをベースに誇張してます。大事にしているのは“自分が一番最初に感じた第一印象”です。近似値で似てればいいなと思っているので似せることにそこまで焦点を当てていません。雰囲気こんな感じっていうのを具現化できたらいいなと思いながら描いています」

――今後はどのような活動をしていきたいですか?SNSでどのような発信をしていきたいですか?

「SNSでは引き続き自分のペースでイラストをあげていきたいです。また自分の画風を活かしたイラストの仕事などやれたら嬉しいなと思っています。よろしくお願いします。」