作家としてジャニーズのグループや藤田ニコル、伊藤千晃などの作詞も手がけてきた、井上紗矢香の新曲「無重力飛行士」が、テレビ東京できょう15日深夜にスタートするドラマパラビ『ふろがーる!』(毎週水曜 深0:58)の主題歌に決定した。今作が、井上にとって待望のメジャーデビューとなる。

【写真】『ふろがーる!』 第1話の入浴シーン

 このドラマは、女優の桜井日奈子が主演する新感覚お風呂コメディー。自家製の入浴剤に始まり、さまざまな工夫をこらした意外な入浴法、お風呂上がりに食すおつまみレシピ、お風呂掃除のテクニックなど、ついつい試してみたくなる、自宅のお風呂を存分に楽しめる“入浴アイデア”が満載の物語。

 ドラマを盛り上げる主題歌に決定した「無重力飛行士」は、透き通った井上の声が、作品のテーマでもある「身近にある幸せ」に寄り添い、ドラマのラストを心地良く締めくる。

 井上は「音楽の道に憧れたきっかけもドラマの主題歌だったので、夢のような気持ちでした。また作品から、主人公の早夜子がお風呂で過ごす時間を大切に思う気持ちが伝わってきて、イメージが膨らみ、曲を作るのがとても楽しかったです」と、喜びの声を上げている。楽曲は「『魔法』『きらきら』といったワードが出てきたり、アレンジもキラキラしていたり。良い夢が見られそうな、そんなイメージで作りました」と話している。

 主演の桜井は「井上紗矢香さんの優しい歌声が包んでくれるといいますか、ほんとに私がお風呂に入っているかのように全身を温かく包んでくれる透き通った歌声が、この『ふろがーる!』という作品にぴったりだなと思いました。一回聞いただけで『無重力飛行~♪』って口ずさんでいて、なんかもう、スって入ってくる感じが、何度もリピートして聞きたくなる曲だなと思いました」と、気に入った様子。また、井上のメジャーデビュー作となった縁も「何年か後にデビューは『ふろがーる!』の主題歌だったんだよって言えるのがうれしいです。楽しみです」と喜んでいた。

■第1話 あらすじ

 大好きな入浴タイムのために、自宅のお風呂をアレンジすることが日課の生実野早夜子(桜井日奈子)。ある日、探し続けていたカプセルトイを購入。空のカプセルを捨てようとした時、ふとバスボム(入浴剤)を作るアイデアを思いつく。

 早速バスボム作りを始める中、後輩・檜山愛乃(小西桜子)から電話が。早夜子は作ったバスボムを自慢げに見せるが地味だと言われたことが引っかかり…。自宅のお風呂でさまざまな入浴方法に挑戦しながら、「最高のお風呂とは何か?」を求め、湯船と格闘していく ストーリー!

※動画配信サービス「Paravi」で15日より、毎週水曜午後9時より毎話独占先行配信。