Netflixオリジナルシリーズ『LUCIFER/ルシファー』シーズン5が8月21日より独占配信されることになり、予告編が解禁された。最終シーズンとなるシーズン6へ向け、超重要な展開が待ち受けていること間違いなしのシーズン5。予告編には、本シリーズで大ブレイクを果たしたトム・エリス演じるルシファーのセクシーな肉体美やユーモラスな姿、マッチョな肉体から繰り出されるアクションも満載。新たな衝撃の展開も予感させる。

【動画】『LUCIFER/ルシファー』シーズン5予告編

 本シリーズは、名作映画『トップガン』や『アルマゲドン』、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ、ドラマ『CSI:科学捜査班』など数々のメガヒット作をプロデュースし、近年はウィル・スミス主演の映画『ジェミニマン』やトム・
クルーズ主演の『トップガン マーヴェリック』の製作も務めるジェリー・ブラッカイマーが制作総指揮を務めるクライム・サスペンス。

 “地獄の王”として君臨していた悪魔、ルシファー・モーニングスター(トム・エリス)。《不死身の肉体》と《相手の本心をあぶりだす能力》を持つ彼は、地獄での生活に退屈し王座を放棄、ロサンゼルスで高級ナイトクラブを経営し毎晩美女や酒に囲まれながら、地上で自由気ままに過ごしていた。

 ある日、自身の目の前で殺人事件が起きたことをきっかけに、クールで有能な刑事クロエ(ローレン・ジャーマン)と知り合い、事件の解決にも大きく貢献。本
心をあぶりだす能力が何故かクロエにだけ通じなかったことから彼女に興味を持ったルシファーは、強引にロサンゼルス市警察のコンサルタントに就任し、神である父ら家族たちとの関係に問題を抱えつつも、地上で巻き起こる難事件を次々と解決してく。次第にひかれ合うクロエとの関係性も見どころなっている。

 色気たっぷりのワイルドイケメンながら、どこかチャーミングな一面を持ち合わせるルシファーの姿は、シーズンを重ねるごとにファンを増やし、一時打ち切りの発表がなされた際も継続を求める熱烈なファンの声に応え、Netflix オリジナルシリーズとして継続することが決定し、超人気シリーズとなった。

 予告編は、回を重ねるごとにその関係性を深めてきたものの、ルシファーと離れ離れになってしまったクロエのシーンからはじまる。喪失感を抱えていたクロエの前に、ある日再びルシファーがいつもの調子で登場。「退屈だから戻ってきた」と語るルシファーだが、どこかいつもと違う雰囲気を感じ取って怪しむクロエ。「地獄に数千年いれば変化が起きる」と豪語し、“新ルシファー”と名乗る彼は、実はルシファーの双子の弟ミカエルで、「兄の人生を奪う」と言って大波乱を巻き起こす。ミカエルの真の狙いは何か?

 トム・エリスは、人気ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』や『RUSH~スキャンダルな外科医』など、ドラマを中心に活躍し、本作で一気に大ブレイク。Netflix で配信中の映画『ロマンティックじゃない?』でも話題となった。ワイルドな見た目と鍛え上げられた肉体を武器に、観る者を虜(とりこ)にする。

 ルシファーとひかれ合う刑事クロエを演じるのは、マイケル・ベイ製作の『テキサス・チェーンソー』や、クエンティン・タランティーノ製作総指揮の『ホステル2』などに出演、人気ドラマ『シカゴ・ファイア』でも知られる女優ローレン・ジャーマン。さらに、大ヒットドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のウェイン・パーマー役で知られるD・B・ウッドサイド、話題のドラマ『GOTHAM/ゴッサム』出演のレスリー=アン・ブラント、映画『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』や人気ドラマ『CSI:科学捜査班』や『SUITS/スーツ』などに出演のレイチェル・ハリスらも名を連ねる。