女優の篠原涼子が主演する日本テレビ系連続ドラマ『ハケンの品格』(毎週水曜 後10:0)第5話が、きょう15日に放送される。13年前の前作から、主人公“スーパーハケン”大前春子(篠原)の宿敵・東海林武(大泉洋)が本格的に登場する。大泉の続投が決定すると前作ファンからは歓喜の声が数多く寄せられたが、おなじみの春子と東海林、「とっくり」「くるくるパーマ」の丁々発止のやりとりはもちろん顕在。一足早く第5話を視聴した記者の感想としては、やはり『ハケンの品格』という物語には大泉が不可欠だと思わされる、さすがの存在感をみせている。

【場面写真】大泉洋演じる東海林が復活早々、謝罪会見?

 前作ではなにかと派遣社員を目の敵にしながらも次第に春子の存在を認めていった東海林。第1話で久々の対面を果たした春子には無視されまくっていたもののやはり、春子のことは気になるようで、第4話では電話越しに春子と会話をしようと試みる場面も。しかし相変わらず冷ややかな態度の春子。やっと営業1課の課長として本社に復帰することになった東海林を前にしてもにらみをきかせるだけだった。

 いつものごとく「枯れたマリモ」「腐れマリモ」と東海林の髪型をバカにしまくる春子と、「これは天パだ!」と悔しがる東海林、そしてバチバチの2人に間に立たされ困り顔を浮かべる里中(小泉孝太郎)のやりとりは前作からのファンにとってはやはりしっくりくる、懐かしくなる場面になるだろう。第5話までは宇野部長(塚地武雅)が前作の東海林のように春子を疎ましがって怒鳴りつけていたが、普段サイボーグのように無敵な春子が、より感情を表に出すのは、やはり東海林の前なのだ。

 第5話で、東海林は、北海道でおいしく痩せると評判のお菓子『黒豆ビスコッティ』を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと、100人の女性達のアンケートを持って帰ってくる。しかし雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなっていくという展開に、東海林は窮地に立たされる。

 自分の持ってきた仕事によって追い込まれる東海林だが、情けない部分もありながらも『黒豆ビスコッティ』やそれを作る工場の社長への想い、社員として自分の仕事に誇りを持つ東海林の“人情派”な一面も垣間見える。前作から13年を経た東海林を、前作から13年を経てさまざまな作品で経験を積んだ俳優・大泉洋が演じるからこそ“お仕事モノ”として物語に深みを与えることができる。

 普段は“宿敵”としてバチバチしているが見えない絆(?)で結ばれている春子と東海林。口はうまいが、土壇場のところでうそがつけない東海林をよく理解する春子は、東海林の救いの女神になるのか。春子と東海林、そして里中。第5話では、東海林と里中がいまだに未婚であることにも言及される場面もある。前作からおなじみの3人の関係性が13年を経てどうなっていくのか、後半の盛り上がりに期待したい。