お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇、ジャニーズWESTの桐山照史がMCを務める、TBS系バラエティー特番『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』が、11日に放送(後2:00)。番組の審査員を、氣志團の綾小路翔、“みちょぱ”こと池田美優、麒麟の川島明、趣里、V6の三宅健が務める。

【写真】MASAKIがなりたい男…ニコッと微笑む菅田将暉

 番組では、芸人がアーティストになりきって自ら作詞、時には作曲し「笑える新曲」を披露。お笑い第7世代を筆頭に、旬の人気芸人やタレントたちが、さまざまな「笑える新曲」を、ターンテーブルを模した巨大回転ステージ上で次々にお披露目し、歌の半分の時点で、5人のゲスト審査員が「もっと聴いていたいか」を判定。全員が「もっと聴きたい」ボタンを押せば、そのまま完奏することができるが、1人でも押さなかった場合はそこで強制終了となる。

 今年4月に深夜帯で初回放送、5月には初回の放送に新作ネタを加えた特別編を放送し、どちらもSNS上で大きな話題となった“笑う音楽バラエティー”がパワーアップして帰ってくる。MCの桐山は、同じ事務所の先輩である三宅と共演することになったが「初回の収録よりも緊張しました!」と初々しく語った。三宅も放送を前にコメントを寄せた。

■三宅健コメント

――番組全体の感想はいかがでしたか?
本当に久々にこれでもかってぐらい笑いました! すごい楽しかったです。全く内容がなくて、くだらないところが大好物です(笑)。

――MCの桐山さんとの共演はいかがでしたか?

『THE夜もヒッパレ』の赤坂(泰彦)さんを彷彿とさせる、令和の赤坂さんになりうる存在なんじゃないかなと思います!

――アーティスト目線から見て、この番組はいかがでしたか?

オリジナルのものも含めて、とても面白かったです。新しいな、というものもあって・・・。SAKURAIさんと加藤一二三さんのコラボは、全く別物を見ているような感じもしましたし、こういった可能性がまだあるんだな、ということをすごく思い知らされました。この番組で新しい可能性を見つけ出せるんじゃないかなと思います。

――視聴者へひとこと

今この時代に大変なこともたくさんありますが、この番組を見ている間だけは何も考えずに楽しんでいただけると思いますので、ぜひ皆さんご覧ください! たくさん笑って、免疫力を高めてください!