AKB48の国内6番目の姉妹グループで瀬戸内7県を拠点に活動するSTU48が9日、来春をめどに船上劇場「STU48号」での公演を終了することを公式サイトで発表した。

瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」

 公式サイトでは「STU48は、これまで『STU48号』を専用劇場として公演を行なって参りましたが、継続的な公演の開催を望まれるファンの皆様の声に応えるべく、今後は、新型コロナウイルス感染防止対策を講じながら、瀬戸内エリアを中心に、会場を固定せずに各地を巡って公演を開催することといたします」と報告。

 これに伴い「残念ながら来春をめどに『STU48号』は、その役わりを終えさせていただく予定ですが、海に育てられたSTU48として、引き続きまた違った形で船上や港での活動を進めて参ります」とし、「状況に応じて臨機応変な対応で公演を開催することで、より多くのファンの皆様に会いに行く機会を作って参ります」と説明した。

 2019年4月16日に日本初の劇場船として就航した「STU48号」は、全長77.8メートル、全幅12.5メートル。貨客船兼自動車渡船として使われていたフェリーを造船所で改造して誕生した。もともとは17年夏に就航する計画だったが、これまでにない船上劇場とあって難航を極め、頓挫と再検討を繰り返して19年4月にようやく“出航”した。

 しかし、新型コロナウイルスの影響を鑑み、今年2月27日以降は劇場公演や主催イベントを中止。今月7日から配信限定で劇場公演を再開したばかりだったが、ステージと客席が船内とあって3密を回避できず、終了する判断となった。