俳優の千葉雄大が主演するテレビ東京系ドラマ24特別編『40万キロかなたの恋』(毎週金曜 深0:12~※テレビ大阪のみ翌週月曜 深0:12~、全4話)が、24日から放送される。このドラマは、三密を避けた撮影方法で挑むテレビ東京の新たな挑戦企画。一人芝居をバーチャルスタジオで撮影し、リアルタイム合成で映像化しながら、宇宙船にたった一人で長期滞在している孤独な宇宙飛行士の超遠距離恋愛物語を描く。

【写真】合成前と合成後

 宇宙飛行士の高村宗一(千葉)は、人類が宇宙で快適に生活するためのサンプルデータをとるために1年間の予定で、地球と約40万キロ離れた月周辺の宇宙に滞在している。煩わしい人間関係が大嫌いで、地球で人ごみにいるよりも、AI(人工知能)のユリとともに宇宙でひとり暮らす生活に満足していた。

 そんな偏屈な宇宙飛行士が、ある日、地球にいる元恋人とモニター越しに再会したことをきっかけに、生活が一変。まさかの人工知能も巻き込む三角関係に発展!? しかも、宇宙生活はトラブルの連続で…。果たして、どんな結末を迎えるのか!?

 宗一の大学時代の元恋人で、テレビ番組のディレクターとして宗一を取材することになった鮎原咲子役に門脇麦。AIユリの声を吉岡里帆が担当。さらに、高村が所属する宇宙機構JAXISのスタッフとして、管制官・三好涼介役に矢本悠馬、広報担当・仁科香織役に山田真歩、管制官・鹿島達夫役に小松利昌が出演。脚本は、ドラマ『JOKER&FACE』で市川森一賞を受賞し、ドラマ『伝説のお母さん』の脚本でも話題となった劇作家の玉田真也氏が執筆した。

 今回、終始グリーンバックでの撮影に挑んだ千葉は、「普段のドラマ撮影とは違い、孤独で切ない瞬間もありますが、宗一はもっと気丈な人物だと思うので、まだまだ僕は未熟だな、と気を引き締める日々です。緑色に囲まれた時は赤色を見ると良いと聞いたので、赤色のものを鞄に忍ばせています。でも、特撮を経験しているので、少しは慣れているようにも思います」とコメント。

 コロナ禍の影響を受け、発案から放送まで非常に短い期間で制作されたドラマだが、撮影の制約を逆手に取ったテレビ東京らしいアイデアが満載。“withコロナの時代に改めて感じた人と人が直接会える日常の大切さ”、“孤独”や“ぬくもり”といった要素をはらみ、近くにいるのに肉体を持たない人工知能との心の交流や、40万キロを超える恋愛模様など、コミュニケーションの多様性とドラマチックな展開を描く、ソーシャルディタンスドラマの新境地だ。

■出演者のコメント

【千葉雄大】宇宙と地球という離れた場所でのお話なのですが、このおうち時間が増え、思うように人と会えない現状とも相通じるものを感じました。

 門脇さん演じる咲子とは宇宙と地球という離れた設定なので、ほぼ全くお会いできずに寂しいのですが、一度やったリハーサルでの門脇さんの残り香を頼りにお芝居しているので、大変助かっています。

 吉岡さん演じるユリはAIなので、これまた現場でお会いする機会がないのですが、共演させていただく機会が割とあったので、宗一とユリのようにツーカーであーる関係だと信じております。

 総じて、お二人ともアイミスユーです。人と関わることは時に煩わしく、時に心温まるものでもあったりと、いろんな側面を持っていると思うのですが、みなさまなりの人との関わりを改めて考えるきっかけとなれば幸いです。

【門脇麦】「人と距離をとって生活しなければならない。」その距離がどれだけ寂しいものか、人々が痛感した今だからこそ生まれたドラマなのではないかと思います。会いたい時に会いたい人と会う。伝えたい言葉は伝えられる時にちゃんと伝える。今回の経験で改めて知った大切な気持ちを、この作品にしっかりと込められたらなと思います。素敵な作品になりそうで、ワクワクしながら撮影している日々です。是非楽しみにしていてください。

【吉岡里帆】今まで挑戦したことのない役どころでどんな風に演じようかとワクワクしました。AIと宇宙飛行士、宇宙飛行士と地球の元恋人との会話の応酬が、物理的には遠いのに精神的には近いように感じて、そのアンバランスさが面白いなと思いました。

 ユリが任務遂行のために宗一とタッグを組むシーンがお気に入りです。生身の人間と人工知能がお互いを認め合って信頼し合っている姿がとても愛おしく感じました。千葉さんは、基本的に一人で演じることになるので難しい役どころだと思うのですが、クルクルと変わる表情が魅力的で、千葉さん自身、集中力とユーモアのある方だなと思いました。このドラマはたった一人宇宙で生活する宇宙飛行士の物語ですが、地球で待つ人たち、AIのユリとの優しい愛の物語です。是非ご覧ください。