9日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜 後9:00)では、海外に移住した女性芸能人たちの移住生活に密着。スタジオゲストとして、小峠英二(バイきんぐ)、松嶋尚美、薬丸裕英が出演する。

【番組カット】倉沢淳美、小島慶子の海外移住生活にも密着

 アメリカ・ハワイ州の中で一番大きな島・ハワイ島で移住生活を送るのは相楽晴子。16歳で芸能界デビューし、歌やドラマ・バラエティーなどマルチに活躍していたが、1995年、人気絶頂の最中、突然渡米し結婚。出産を機に芸能界を休業し、家族とともにロサンゼルスで海外生活をスタートさせる。

 2003年にハワイ・オアフ島へ、昨年にはハワイ島へ移住。相楽の自宅は未舗装の道を進んだ森の中にあり、自身が「屋根はトタン、壁はベニヤ1枚で全然豪邸じゃない(笑)」と語る通り、質素な作りの平屋建ての建物。相楽はここで、夫・ゲイリーさんと取材時に里帰りしていた娘・ジョイさんとともに、電力会社から電気の供給を受けずに暮らす「オフグリッド生活」を送っている。今回、相楽はリモート出演し、およそ30年ぶりにMCの坂上忍と対面。新型コロナウイルスに感染した娘・ジョイさんの様子や、オフグリッド生活のその後を語る。

 1982年に国民的人気番組『欽ちゃんのどこまでやるの!』(テレビ朝日系)で芸能界デビュー、3人組アイドル「わらべ」の“かなえちゃん”として人気を博した倉沢淳美は現在、中東屈指の国際都市で、世界中のセレブが集うドバイで生活。石油関連会社に勤めるオーストラリア人の夫・ジェームズさんと2匹の愛犬と暮らしている。倉沢がドバイでの生活で最もお金がかかったと語るのは、3人の子供と一緒に暮らしていた時の食費で、1ヶ月で40万円もかかったと打ち明けた。新型コロナの感染拡大後、マスクをせずに外出すると罰金がとられるというドバイでの現在の暮らしぶりについて語る。

 元テレビ局のアナウンサーで、現在はコメンテーター、エッセイストなど幅広い分野で活躍する小島慶子。6年前、自身が3歳まで過ごしたオーストラリア・パースに夫と2人の息子とともに移住した。リモート出演した小島は現在、仕事で日本に滞在中。新型コロナの影響で今年1月から現在まで、家族が暮らすパースに帰りたくても帰れない状態だという。スタジオとのリモートトークでは「16年ぐらい抱えている夫婦間の問題が解決しない」「離婚前提…」という赤裸々な爆弾発言も飛び出す。