9日放送の読売テレビ・日本テレビ系バラエティー『秘密のケンミンSHOW 極(きわみ)』2時間スペシャル(後9:00)では、MCの爆笑問題・田中裕二の「夏の強化合宿」と題して、埼玉県の知られざる秘密を解き明かす「ぶっ翔んで!?埼玉SP」を実施する。

【写真】ズッキュンポーズを決める秋元真夏

 映画『翔んで埼玉』が昨年大ヒットし、「ムーミンバレーパーク」も飯能市に昨年開園。さらに、次の新1万円札の「顔」になる、埼玉出身の偉人・渋沢栄一は来年の大河ドラマ主人公になり、田中の相方・太田光も埼玉出身ということもあり、今回は埼玉の特別講義を行う。

 番組では「埼玉ケンミンにとって池袋は埼玉の一部!?」「埼玉県北部は、ほぼ群馬!?」「千葉は永遠のライバル!?」など、ケンミンのリアルな声を伝え、埼玉生まれのケンミンスターが本音トークを展開。乃木坂46の秋元真夏が学生時代の池袋エピソードを語り、土田晃之とオードリー春日俊彰は千葉と群馬との“因縁エピソード”を披露。そこに千葉出身のジャングルポケット斉藤慎二&群馬出身のロバート山本博がリモートで登場し、埼玉に対する“積年の恨み”をぶちまける。

 さらに、埼玉県内に84店舗を展開する人気うどんチェーンに潜入し、常連客だという的場浩司がおいしさの秘密を熱弁。最後は、埼玉ケンミンから「埼玉県は東西に分割してもいいのでは?」という驚きの提案が行われ、埼玉ケンミン同士で仲間割れが起こってしまう。

 この日のスペシャルではそのほか、ステイホームでお祭り気分を楽しむスペシャル企画として、青森県「ねぶた祭り」、群馬県「八木節まつり」、静岡県「浜松まつり」、島根県「石見神楽」を紹介。青森から古坂大魔王、群馬から中山秀征、静岡から鈴木砂羽&ももいろクローバーZ・百田夏菜子、島根からニッチェ江上敬子が参加し、熱いお祭りトークを繰り広げる。