女優の多部未華子が主演を務めるTBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(毎週火曜 後10:00)第1話が7日に放送され、初回平均視聴率が14.2%(世帯)、7.4%(個人)だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。初回は15分拡大で放送。好スタートを切った。

【画像】大森南朋のエプロン姿がかわいい 第1話場面カット

 同ドラマは電子書籍サイト『コミックシーモア』(運営:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ)発のオリジナルコミック『家政夫のナギサさん』(著者:四ツ原フリコ)を実写化。多部演じる仕事一直線で頑張ってきた不器用なアラサー独身女性・相原メイと、そんな彼女の家に派遣された、大森南朋演じるおじさん家政夫・ナギサさんが、周囲を巻き込みながら本当の幸せを探すハートフルラブコメディー。

 第1話では製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンだが、家事が全くできないアラサー独身女性・メイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れる。その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサだ。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。

 一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現。自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。しかも田所はライバルだというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…