8日放送のNHK総合『歴史秘話ヒストリア』(毎週水曜 後10:30~11:15)では、新型コロナウイルスが猛威を振るう今、「ペスト 最悪のパンデミック」というテーマで、600年以上も昔、人類を恐怖の底にたたき落とした感染症「ペスト」の歴史を改めて見つめ直す。

【画像】新紙幣に採用された北里柴三郎

 ペストは、別名「黒死病」と呼ばれ、14世紀には3000万人が死亡。ヨーロッパの全人口の3分の1が失われた。なぜ、感染爆発が起きたのか。そこには 「3密」や 「不要不急の移動 」など、現代の新型コロナにもつながる原因があった。

 その後もペストは流行を繰り返し、人々は、歴史と経験から、パンデミックと闘うすべを身につけていく。19世紀末、ペストは再びパンデミックを起こし、魔の手は日本にも忍び寄った。この時、立ち上がったのは、新しい千円札の図柄にも選ばれた医学者・北里柴三郎。ペストとの闘いの行方は!? 史上最悪のパンデミック・ペストとの戦いの歴史を見つめ直すことで、新型コロナと闘うためのヒントを模索する。

 案内役の渡邊佐和子アナウンサー(NHK大阪拠点放送局)は「わわ! まさに今と同じ状況……! 現代の私たちが直面している課題を、たどるように進んでいく、ペストとの闘い。しかしそこに、人々の知恵と地道な研究、あきらめない心が浮かび上がってきます。ペストのパンデミックを乗り越えた人類の歴史は、ポスト・コロナの時代に必要なヒントを与えてくれるはずです。ペスト、ちょっと怖いな、と思っている方も、過去に奮闘した人々に会いに行ってみませんか。一緒に歴史を紐解いてみましょう!」