声優の石井マーク(28)が1日、自身のツイッターを更新。昨年12月に適応障害と診断され約半年間休業していたが、同日より復帰したことを報告した。また、新たな事務所として「アクセント」所属となったことも明かしている。

【写真】ツイッターで仕事復帰を報告した石井マーク

 ツイッターでは「この度、2019年12月に『適応障害』と診断され、12月末に事務所退所と同時に約半年間療養の為休業しておりましたが、お仕事を再開できるまでに心身共に回復いたしましたので、7月1日より復帰させていただくこととなりました」と報告。

 「また、ご縁もあり、復帰と同時に株式会社アクセント様にお世話になることとなりました」と明かし、「休業期間中、心配し支えてくださった関係者の皆様、諸先輩方、ファンの皆様や、休業していたにも関わらず、暖かく迎え入れてくださったアクセントのスタッフの皆様には、心より感謝しております」とつづった。

 「ゆっくりとではございますが、気持ちを新たにお仕事に向き合って行きたいと思っております。休業期間中、沢山の方々に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。今後とも石井マークを何卒よろしくお願いいたします」と呼びかけている。