乃木坂46の生田絵梨花が1日、東京・日比谷のシアタークリエで行われた東宝のミュージカルプロジェクト『TOHO MUSICAL LAB.』の製作発表に参加。共演する海宝直人と“遠距離デュエット”を披露した。

【写真】海宝直人と“遠距離デュエット”を披露した生田絵梨花

 東京・帝国劇場と同劇場は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、すべての公演を3月から中止していたが、7月から状況を鑑みながら再開。同劇場は第1弾として、新たなプロジェクトの『TOHO MUSICAL LAB.』を始動させる。東宝が直営劇場のシアタークリエをラボ(実験室)に見立てて、最旬の劇作家、キャストとオリジナルミュージカルを製作する。

 劇作家の根本宗子氏、三浦直之氏が創作を快諾し、2本立てに。根本氏の脚本・演出作は「Happily Ever After」で生田と海宝直人が出演する。三浦氏が作詞・脚本・演出を務めるのは「CALL」で木村達成、田村芽実、妃海風が出演する。

 生田も新型コロナウイルスの影響でミュージカルが中止になったり、けいこがなくなったこともあった。「しばらくもどかしい気持ちでした。こうして新しいカンパニーに一員で参加できることを、うれしく思っています」と笑顔で話した。また当日は無観客で上演されることから、「本番は無観客という状況。ここ(客席)にみなさんが座ってくださるのが、なんだかうれしい。今、ここで作品を観てもらえたらなという気持ちになる」と心境を口にしていた。

 自粛期間の変化も明かした。「自粛中は2ヶ月ぐらいは活動的なことができなかった。やっぱりエンターテイメントに触れていないと心が痩せていく感じがする。ホントに元気がなくなってきた」と振り返る。そして「普段は人に笑顔になってもらえるように、少しでも元気を与えられるように思ってやっているけれど、お客さんやファンの方からもらうエネルギーはすごいんだな、と。その方々が喜んだり、笑顔が見たいから、このお仕事をしたいんだなと感じました。心の循環がエンターテイメントにはある」と抱えた思いを吐露していた。

 イベント終盤には海宝と劇中歌「Around The World」を披露。新型コロナ対策で、たっぷり3メートルほど距離を取った“遠距離デュエット”となったが、伸びやかな美声を響かせていた。「私たちのチームは2人芝居でダンサーさんがいる。そういう構成のミュージカルって私は観たことも体験したもとない。普通は、デュエットといえば手を取り合ったりとか、ミュージカルとえば群衆でバーっと歌ったり。そういうことしか触れたことがない。映像と舞台の間、ミュージカルとストレートプレイの間、今までにない雰囲気、世界観を出せたらいいなと思っています」と見どころを語っていた。

 オリジナルミュージカルは通常は1年以上かけて製作されており、作・演出家へのオファーから1ヶ月弱、けいこ2週間で製作されるのは異例で、東宝ミュージカルでは初のこと。また、初回となる今回は、11日に無観客・ライブ配信で行われる一夜限りの公演。これも、東宝ミュージカルで初の試みとなる。