俳優の福士蒼汰が9月から5週にわたって放送されるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(毎週火曜 後9:00)に主演することがわかった。福士は“潜入捜査官”として時に暴力的に、時に冷徹に、犯罪者に立ち向かっていく黒沢兵悟(くろさわ・ひょうご)として初のダークヒーローに挑戦。クランクインを前に「重厚感、そして、組織の仲間・チームワーク感で悪に立ち向かっていく爽快感を楽しんでいただける作品に仕上げられるよう頑張ります。ぜひたくさんの方にごらんいただきたいです」とメッセージを寄せている。

【写真】福士蒼汰と写真家・荒木勇人氏が行ったオンライン撮影の模様

 
 同ドラマは漫画雑誌『グランドジャンプ』(集英社刊)で連載していた大沢俊太郎による人気漫画『DIVER-組対潜入班-』を実写化。福士演じる兵悟は、10代の頃は窃盗や暴力事件の常習犯だったが、警察も手を焼くほどの巧妙な手口を考え出す異常に高いIQ、判断力、身体能力が認められ、秘密裏に結成された『潜入捜査官チーム』、通称“D班”の一員となる。

 その仕事は暴力団や詐欺集団など“悪の組織に潜入して情報や証拠をつかみに行く”ともすれば命を落としかねない特殊捜査。しかし兵悟は、そんな危険も顧みず、悪の根源を駆逐するためには手段を選ばない。犯罪者逮捕のためには仲間をもだまし、多少の犠牲もいとわない冷酷非道な「最凶の男」。時には誰よりも善人な顔をし、時には誰よりも情けない姿をさらしているが、それらはすべて“ウソ”。悪に近づき、悪に手を染めながらも、自身の正義で悪を裁いていく。
 
 自身初のダークヒーローに福士は「兵悟には“漆黒”のような闇のイメージを強く感じています。ただの黒ではない“漆のような黒”、そして“憂い”を持っている。その闇の深さを、ごらんいただいた方にもそれを感じていただけたらと思います」と役柄へのイメージをふくらませる。

 『潜入捜査』とは、確実な情報や証拠をつかむため、警察官であることはもちろん、自身の身元を隠して架空の人物になりきり、捜査対象組織の一員になる秘密捜査のこと。暴力団や特殊詐欺グループなど、悪の組織に潜入し、主犯格を追い詰めていくのがD班のミッションとなっており「潜入捜査の度に、兵悟ではない別の誰かを演じられると思うと楽しみです。ある種コスプレのように、それぞれになりきって楽しんでできたらいいなと思います」と変化する兵悟の姿もみどころとなりそう。

 またカーチェイスやアクションシーンもあり、『仮面ライダーフォーゼ』をはじめ、映画『無限の住人』『ザ・ファブル』など数々のアクション作品に出演した福士は「潜入捜査だからこそお見せできるアクションがあるだろうなと思っています。兵悟としてのアクションだけでなく、潜入捜査のために偽るキャラクターとしてのアクションもあるので、さまざまな色を見せていきたいです。演出チームとも相談しながら作りあげていきたいです」とやる気をみせている。


<福士蒼汰インタビューコメント>

――最凶の潜入捜査官・黒沢兵悟役を演じるにあたって

敵の役ではない、ここまでのダークヒーローを演じるのは初めてです。
兵悟には“漆黒”のような闇のイメージを強く感じています。ただの黒ではない“漆のような黒”、そして“憂い”を持っている。その闇の深さをご覧いただいた方にも感じていただけたらと思います。
手段を選ばない点では、一見、兵悟も「悪」に見えるのですがそこには“必ず悪を倒す”という信念があります。兵悟の「悪」は、本当に「悪」というのか。兵悟は論理的かつ打算的。人間の常識や建前を覆していく男ですね。「悪」とは、「正義」とはなんだろう、と問いかけられます。

――原作を読んだイメージは?
兵悟の見事な潜入捜査に、自分自身もまんまとだまされてしまいました(笑)。 D班もとても魅力的なチームで『こんな組織も実はあるのかな…』と、想像が膨らみました。オレオレ詐欺など、昨今の問題になっている事柄も描かれていて、今だからこそたくさんの人に見ていただきたい題材だと思います。
 
――“潜入捜査”のために、いろいろな役になり切ることになりますが
潜入捜査の度に、兵悟ではない別の誰かの役を演じられると思うと楽しみです。ある種コスプレのように、それぞれになりきって楽しんでできたらいいなと思います。いろんなキャラクター設定、その人格になりきっているときの表情や、服装、潜入捜査のために偽るキャラクターとしてのアクションなど、楽しんでいきたいです。

――最後に、視聴者へメッセージを
仲間と一緒になって悪に向かっていく、という部分とともに、兵悟は潜入捜査官として優秀でありながら、さらに裏の顔がある。チームの中にいても、心の中に溶かし切れない氷を持っている。その氷ってマイナス何度なんだろう、どうなっていくんだろう、という気持ちで最後まで見ていただけるとうれしいです。
重厚感や組織の仲間・チームワークで悪に立ち向かっていく爽快感を楽しんでいただける作品に仕上げられるよう頑張ります。ぜひたくさんの方にごらんいただきたいです。