テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」と、テレビ朝日が共同制作するオリジナル連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』。27日にテレビ朝日系土曜ナイトドラマ枠(毎週土曜 後11:15~深0:05)で放送された第6話を振り返る場面写真が到着した。

【写真】怖すぎた「ハッピーバースデーTO ME♪」

 同ドラマは、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描いた同名小説(著:小松成美/幻冬舎)を原作に、ドラマならではの彩りを加えて描き、SNSでも大きな盛り上がりを見せている。

 6話では、アルバムがヒットし、アジアレコードCD大賞の受賞、紅白出場の決定と名実ともに日本のトップスターに駆け上がるアユ(安斉かれん)は、その裏でマサ(三浦翔平)との愛も着実に育んでいた。そんな中、マサの秘書・礼香(田中みな実)と大浜社長(高嶋政伸)は2人を叩き潰すため、とある作戦を実行し、マサに“解雇”を言い渡す。窮地に立たされたマサ、そして愛し合う2人はどんな未来を決断するのか…。

 華々しい栄光の裏で、愛も順調にはぐくむアユとマサに、「ABEMA」のコメントやSNSでは、「マサの愛でアユも頑張れたんだろうな」「2人が愛おしくてなぜか切ない」「恋が時代を作ったんだね」など。2人の恋に応援や共感をする声が上がった。また、スターへと変貌を遂げたアユの成長に「もう顔つきが違う」「まさに“カリスマ”って言葉が似合う」などの反響も。

 スターとなった自分と本当の自分との乖離に悩みだしたアユを海に誘うマサ。楽しい時間を過ごした2人が帰宅すると、そこには勝手に入り込んだ礼香が…。「ハッピーバースデーTO ME♪」と歌い出し、食器を叩き割るなど大暴れ。思わず「自分が何をやってるかわかってるのか?」と詰め寄るマサ、あまりの恐怖に言葉を失ったアユ。壊れ始めた礼香の常軌を逸した行動に、あ然とする2人だが…? さらに、マサは会議の場で、A VICTORY社長の大浜から、アユとホテルから出てくる写真を突きつけられる。

 最終回を迎える次回の予告シーンでは、アユ、マサ、流川(白濱亜嵐)が涙を浮かべ、残酷な運命を予感させるシーンが登場。「どんな涙の意味なんだろう?」「神様の運命って何が起こるの!?」「最終回は心して見ます」などの声や、原作にはないオリジナルキャラクター・礼香の結末に「原作にないから余計気になる!」「マサとキスしてる…どうなるの!?」などと、待ちきれない様子だ。

 なお、ABEMAでは、会員登録不要で全話無料配信中。さらに、狂気に満ちた礼香の隠された秘密が明かされていく田中みな実主演のスピンオフドラマ『L 礼香の真実』(1話~4話)もABEMAで独占配信中(※ABEMAプレミアム会員のみ視聴可能。5話~7話は7月4日深夜0時5分より配信開始)。