俳優の森岡龍とセクシー女優の川上奈々美が27日、都内で行われた映画『東京の恋人』公開初日トークイベントに出席した。

【写真】ソーシャルディスタンスを保ちながら行われたイベント

 本作は、結婚して夢をあきらめた主人公とかつての恋人が久しぶりに再会を果たし、戻らない青春と決別する姿を、性愛表現を用いながら描いた大人のラブストーリー。森岡と川上がW主演を務めている。

 公開を迎え森岡は「映画を映画館で見られることが、当たり前ではない時代に無事初日を迎えられた。本当にうれしく思います」と笑顔。川上も「いままで出演した映画で一番うれしい初日です。ちょっと、言葉に表せない気持ちで泣きそうです」と喜びを表現した。

 自身の役柄について川上は「撮影時は20代後半になるころで、私自身も悩みがあったんです。だから、満里奈には心から共感して演じることが出来ました」といい、性愛描写については「そういうシーンって、女優の方が意外と大胆になれるんですよね。殺陣のように、ダンスのように演じることを意識しました」と話した。