『ドラえもん』スネ夫役などで知られる声優の関智一(47)が、ABEMAの人気生放送番組『声優と夜あそび』の26日放送回に出演。企画コーナーでは、自身が“柱”の1人・不死川実弥役として出演している人気アニメ『鬼滅の刃』のOP主題歌「紅蓮華」を歌うことになったが、バラードやデスメタルとまったく違うテイストで歌い、視聴者から「LiSAさんの高音は出せないですよね~w」「やめて!腹が痛い」「もはや別の曲」など笑いあふれる声があがった。

【写真10枚】「どうしたって!~♪」ノリノリで歌う関智一&森久保祥太郎

 企画コーナー「新感覚カラオケ!全力なんとなくソング!」は、MCを務める関と森久保が、まったく知らない曲をなんとなく歌って全力で視聴者とともに盛り上がろうというもの。この日はゲストで招かれた眼科医の方から、人気アニメ『鬼滅の刃』のOP主題歌で、昨年末の紅白歌合戦でも歌われたLiSAの「紅蓮華」がリクエストされた。

 歌う前にともにMCを務める森久保祥太郎から「大丈夫ですか?」と心配されると、関は「『鬼滅の刃』出ているしな、大丈夫ですよ。もう、バッチリですよ。期待に応えられると思います」とし「不死川実弥ですから。新シリーズを期待して待っていますから、僕も」と『鬼滅の刃』ファンとしてしっかり歌うことを宣言した。

 関の歌声に関しては、『声優紅白歌合戦』に出演した際、発起人である中田譲治が「関さんは歌もお上手。ぜひ、出ていただきたいと思ってオファーさせていただきました」と経緯を説明しながら太鼓判。実際に関はCDをいくつか出している。

 そして、「紅蓮華」のメロディーが流れると関は「こういう感じか…」とポツリ。「強く~なれる~理由を知った~」とバラード調に歌うと、スタッフから笑い声が。あわせて視聴者からリアルタイムで「バラードw」「キー高いよねww」「これは醜いw」「キーがあっていないw」「これはやばい予感」「関さん節が強すぎる」「もはや新曲w」とコメントが続々と寄せられた。

 テロップでは『不死川実弥が歌う「紅蓮華」』と紹介され、歌声はもちろんよく、歌詞も飛んでいないことから視聴者は「なんかいい曲だな」「実弥が歌ってると思うと感慨深い」と評価。サビが近づくと力強く歌い上げ「デスメタルw」「激アツな歌だな」と盛り上がり、関は「どうしたって!消せない夢も~止まれない今も誰かのために強くなれるなら~、ありがとう~悲しみよ~~!」と熱唱。

 そしてラストは「紅蓮の華よ~~!咲き誇れ、運命をっ!照らして~~~~」と伸びのある歌声を披露し、「いえ~い!」と満足気。視聴者は「下手ではないけど違う曲になってしまった」「別のかっこいい曲になった!笑い」「元の曲がわからなくなった」「違うのにちゃんと曲になっているのすごいw」「紅蓮華が熱い漢ものになったw」と関の適当な「紅蓮華」を評価していた。