タレントの伊集院光(52)が、27日放送の『久米宏 ラジオなんですけど』(毎週土曜 後1:00)のゲストコーナーに生出演。この日の放送をもって、約14年にわたる番組の歴史に幕を閉じるフリーアナウンサーの久米宏(75)と“ラジオ”をテーマにトークを繰り広げた。

【写真】久米宏&小宮悦子が20年ぶりに司会でタッグ

 久米は「ラジオはけっこう面白いからさ。永さんが、テレビが嫌いな理由って、最大の理由は見ている方があまりに多すぎるっていうことだと思うんです。テレビは見ている人との間に縁とかを考えにくいほど多い。ラジオだと、メールはいただかなくとも縁がある」と持論を展開。伊集院も「僕は深夜の3時~5時からスタートだから、縁がないと聞きませんよ。メインのカルチャーじゃないから、今聞いてくれる人ってすごいな」と率直な思いを打ち明けた。

 そこから、ラジオでの発言が、SNSなどを中心として一部が切り取られて広まってしまうことへの対処法について議論。久米が「ラジオで話している人って、SNSより、もうちょっと起承転結ちゃんと話しているんですよ。最後まで聞くと腑に落ちる話をしていて。SNSに慣れている人って、発言した頭の15秒くらいで『これはダメだ』ってなっちゃうから」と話すと、伊集院も「(切り取られた発言の)ネタ元は確認しませんからね。それにも、我々は打ち勝っていかないといけないんだろうな」との思いを口にした。

 久米が「浅慮ってあるじゃないですか。日本人は浅慮になっていますよね。1回飲み込んで、自分で反すうするっていうことがない」と指摘すると、伊集院は「まだ、しゃべりたいこといっぱいあるじゃないですか」と合いの手。久米が「このあと、頑張ってくださいね」と呼びかけた上で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で自宅時間が増えていることから、ラジオにも注目が集まっていることを指摘すると、伊集院は「その人たちが、通常の生活になる時に『ラジオいいな』って思えるかどうかって大事ですよね」と深く同感した。

 また、パーソナリティーとリスナーの関係について、久米は「ラジオってけっこう考えながら話しているし、聞いている人も考えているとしたら、送り手と受け手はかなり濃い縁があって、赤い糸があるんじゃないか」と分析。伊集院が「久米さんがそういってくれると頑張れる。僕は、はがきの時代からやっていますけど、SNSですら同じ重さで受け止めちゃうんですよ。あれ全部受け止めると、心が相当くるから、訓練が必要なんだろうなと。僕らがやっていた『ラジオとは?』との付き合い方とまったく違う局面に入ると思う」と胸の内を吐露した。

 久米は、自身のスタンスとして「僕は聞いてくれている人は信用しているんですよ。書き込んでくれるだけで信用しているんです。ある意味、全信用。何かリアクションしてくれる人は、それだけで信用しているんです」と説明。ゲストコーナーが時間いっぱいとなり、伊集院が「言葉は尽きないですけど、とりあえずお疲れ様でした」とねぎらうと、久米は「このあともTBSラジオをよろしくね」と託した。

 久米が出演した『らじおと』、この日の『ラジオなんですけど』の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。