東京秋葉原の人気メイドカフェ「@ほぉーむカフェ」の現役メイドによるアイドルユニット・あっとせぶんてぃーんのライブが24日、東京・渋谷のライブハウスWWWにて開催された。

【動画】現役メイドがライブでご奉仕… ”萌え萌えキュン”なパフォーマンスで魅了

 入場時の検温・手指消毒、ソーシャルディスタンスを設けた客席、コールの禁止など、感染拡大予防を徹底して開催された本ライブは、あっとせぶんてぃーんにとっては約4ヵ月ぶりの観客動員ライブとなった。

 メンバーは1曲目から、いつにも増した笑顔でパフォーマンスを展開。代表曲の「夏のカナリア」や「あっせぶんぶん!」、最新シングル「ムテキの笑顔」、初お披露目となった新曲「ツバキ姫」などアップテンポな曲を相次いで披露。さらに自粛期間にYouTube LIVEを使ってファンと一緒に作詞した楽曲「僕らの夢色パレット」が初披露されると、共に作詞を行なった会場内のファンからは無言ながらも熱い視線が送られた。

 ライブの最後には、メンバーのちろるがファンに宛てた手紙を読み上げ、こうしてライブが開催できたことへの感謝や、もう二度とライブができないかもしれないと思ったという自粛期間の心境、そして後悔の無いようこれから自分たちは常に全力のライブをしていくと決意をのべ、現体制のメンバーで最初に作ったという楽曲「バタフライ・エフェクト」を披露。ライブは大きな拍手に包まれて幕を閉じた。