ハロー!プロジェクトの末っ子グループ・BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)のエース、山崎夢羽(やまざき・ゆはね、17)が25日、自身初となる写真集『夢羽』(撮影:西田幸樹氏、ワニブックス刊)を発売した。

【写真】白い砂浜でフレッシュな美くびれを披露する山崎夢羽

 撮影は16歳だった昨年8月のメジャーデビュー直後から東京、群馬、沖縄で行われ、雪、桜、海など季節ごとの“今”を切り取った。衣装も制服や浴衣、体操服、そして水着にも初挑戦。元気でアクティブな姿や、少しだけ大人っぽい表情など、“正統派”な山崎の魅力が詰め込まれている。

 山崎は「初めての写真集は、初めてのことだらけでした! 沖縄に行くのも初めて、水着も初めて、雪原で寝そべるのも初めて。でもどれも楽しくてうれしくて、思い出がいっぱいです」と喜んだ。

 初の写真集を見て自身の変化にも気づいたといい、「時の流れを感じました。もともとは人見知りだったり、恥ずかしがり屋の性格でしたが、メジャーデビューして、さまざまな経験をしたこの1年で成長できたように思います。なので“今の私、こんな表情もできるんです!”と自信を持ってお届けできる写真集になりました」と自画自賛した。

 12人組グループのBEYOOOOONDSは、昨年8月にメジャーデビューし、トリプルA面シングル「眼鏡の男の子/ニッポンノ D・N・A!/Go Waist」が、ハロプロ21年の歴史で初(ソロ、派生ユニットは除く)のオリコン週間シングルランキング1位デビュー。昨年末の『第 61 回日本レコード大賞』では最優秀新人賞を受賞した。