俳優の玉木宏が主演するカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(毎週火曜 後9:00)が7月28日から初回2時間スペシャルで放送開始することが、わかった。新型コロナウイルス感染拡大の影響により当初の4月から延期に。4月上旬から休止していた撮影は6月より再開。玉木は「まずは、無事に撮り終えることが目標です」と3ヶ月遅れでのスタートに気を引き締めた。

【写真】『竜の道』高橋一生&玉木宏の妹を演じる松本穂香

 同ドラマは、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描いたサスペンス作品。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木が演じ、竜一の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を、玉木とは初共演の高橋一生が演じる。

 初回は当初の第1話と2話をドッキングさせさらにアレンジを加えた形となる。玉木は「竜一が過ごしてきた時間を心情と共に見せられるので、ただの足し算ではない魅力が増えたと思います」と手応え。撮影休止は「不思議な時間」としつつも、久々に「現場に入ってみれば自然と体は反応するもの」と、大きな影響はない様子。この期間には台本も最終話まで揃い、「全てそろって撮影することはなかなかないので、僕たちで面白い台本に肉付けをしながらゴールに向かえればいいなと思います」と万全の体制で挑む。

 現場では本番以外でのフェイスガードの着用や一定時間ごとの消毒の徹底など、新しいスタイルでの撮影が進行。「ある程度は窮屈ですが、これが今の普通なのだと思います」と理解を示し「放送が延期になって、『いつ放送されるのだろうか』と楽しみにしていた視聴者の方もいると思うので、最後まで健康に注意しながら責任をもって届けたいです」と意気込みを語った。

 さらに、「自粛期間中もエンターテインメント、テレビドラマはすごく必要なものだと僕自身思いましたし、やはり、僕らも皆さんにそれをお届けすることを止めたくないので、ちゃんと放送できる喜びを感じています」と本音を明かしつつ、視聴者に向けて、「本当に窮屈で大変な生活を強いられている方がたくさんいらっしゃると思いますが、純粋にこの『竜の道』の世界観を楽しんでいただきたいと思います」と呼びかけている。

 また、再開後に撮影された本編映像も使用したドラマの特別映像も解禁。SEKAI NO OWARIが手掛けた主題歌「umbrella」と共に展開される、竜一と竜二をはじめとした個性豊かな出演者たちの情念あふれる表情の数々がみどころとなっている。

■玉木宏 インタビューコメント

――初回が2時間スペシャルになりました。

当初予定していた第1話と第2話がドッキングし、さらにアレンジを加えた形ですが、竜一が過ごしてきた時間を心情と共に見せられるので、ただの足し算ではない魅力が増えたと思います。より豪華な内容でお届けできることになり、良かったと思います。

――約2ヶ月の撮影休止を経ての撮影再開についていかがですか?

ドラマ自体がどうなるのかわからなかったので、こうして撮影再開できたことを本当にうれしく思いながら演じています。連ドラ中に2ヶ月空くのは不思議な時間でしたが、現場に入ってみれば自然と体は反応するものだと思いました。今回は休止期間に全話の台本が出来上がってきて、全てそろって撮影することはなかなかないので、僕たちで面白い台本に肉付けをしながらゴールに向かえればいいなと思います。まずは、無事に撮り終えることが目標です。

――これまでとは異なるスタイルでの撮影が続きますが、慣れましたか?

ある程度は窮屈ですが、これが今の普通なのだと思います。これから暑い時期に入りますが、フェイスガードや消毒など、出来ることは徹底してやらなければいけないと思いますし、放送が延期になって、「いつ放送されるのだろうか」と楽しみにしていた視聴者の方もいると思うので、最後まで健康に注意しながら責任をもって届けたいです。

――視聴者に向けてメッセージをお願いします。

自粛期間中もエンターテインメント、テレビドラマはすごく必要なものだと僕自身思いましたし、やはり、僕らも皆さんにそれをお届けすることを止めたくないので、ちゃんと放送できる喜びを感じています。本当に窮屈で大変な生活を強いられている方がたくさんいらっしゃると思いますが、純粋にこの『竜の道』の世界観を楽しんでいただきたいと思います。