累計700万部突破の大人気古書ミステリー「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの最新刊『ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~』(メディアワークス文庫)が、7月18日に発売されることが決定した。今作では、1冊まるごと横溝正史をテーマにストーリーが展開する。

【写真】ビブリア古書堂シリーズの著者・三上延氏

 同作は、鎌倉の片隅にある古書店「ビブリア古書堂」の女店主・篠川栞子と店で働く青年・五浦大輔が、古書をめぐる謎や秘密を解き明かしていくミステリー。古書に対しては人一倍の情熱と知識を持つ主人公・栞子の魅力的なキャラクター像が男女共に幅広い層から支持され、コミック化やドラマ化、映画化もされた。

 最新作の発売を記念して、公式サイト(https://biblia.jp/)もリニューアルオープン。著者の三上延氏からのコメント、登場人物紹介なども公開されている。

■三上延氏コメント
今回の新作は1冊まるごと横溝正史です。もし栞子と大輔が、古書の謎を完全に解くことができず、長い年月をまたいで再び挑むことがあったら――。
そんな考えが、横溝の小説と結びついたのが出発点でした。本作では結婚したばかりだった頃の過去の栞子たちだけではなく、私たちが今生活している現在に近い時間軸の2人も描いています。そして、さらに未来で成長した娘の扉子も。
今後も篠川家とビブリア古書堂がどう変化していくのか、次の世代である扉子を中心に描いていけたらと思っています。

■『ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~』あらすじ
ビブリア古書堂に舞い込んだ新たな相談事。それは、この世に存在していないはずの本――横溝正史の幻の作品が何者かに盗まれたという奇妙なものだった。
どこか様子がおかしい女店主と訪れたのは、元華族に連なる旧家の邸宅。老いた女主の死をきっかけに忽然と消えた古書。その謎に迫るうち、半世紀以上絡み合う一家の因縁が浮かび上がる。
深まる疑念と迷宮入りする事件。ほどけなかった糸は、長い時を超え、やがて事の真相を紡ぎ始める――。