フジテレビ系バラエティー番組『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)では、新型コロナウイルスの影響で、5月15日から傑作選や特別編などを放送してきたが、あす26日から新作の放送が再開。記念すべき再始動初回は、女優の堀田真由、お笑いコンビ・南海キャンディーズが山里亮太ゲスト出演する。

【番組カット】『脱力タイムズ』に翻ろうされる山里亮太

 早速、オープニングからメーンキャスターのアリタ哲平(有田哲平)とキャスターの小澤陽子アナウンサーのギスギスしたやりとりから幕を開けるが、映し出される映像には、何やら違和感が。たまらず山里がツッコむと、それを合図に、驚きの“新型コロナ感染対策”を講じたスタジオの全貌が明らかとなる。

 今回は、コロナ禍による長期休校を受け、政府が現在検討中の「9月入学問題」を特集。学生たちの学習の遅れを取り戻せるといったメリットがある一方、教育機関サイドの受け入れ準備など課題も多いこの問題について、全力解説員の岸博幸氏、吉川美代子氏、出口保行氏を交え、賛否を徹底討論する。

 それぞれが見解を発表していく中、山里だけは、とある事情で話し合いに参加できず、ひとりでオロオロするばかり。アリタは、そんな状況を意にも介さず、事あるごとに「山里が…ズバリ言うから!!」と、次々と山里に意見を求めていく。また堀田は、自宅からのリモート中継で完璧な受け答えを披露。タンスの中身まで公開し、出演者一同の爆笑をさらう。一方の山里も、スタジオから自宅でのリモート出演と形態を変えて出演するが、知られざる新婚生活の様子が明らかになってしまう。

 “笑い上戸”だという堀田は、収録を終えて「収録前は絶対に笑わない自信があったんです。大好きな番組で、いつも拝見しているんですけど、ゲストの女優や俳優のみなさんが笑うのを我慢されているのを見ながら『私だったら大丈夫』って勝手に思ってたんですよね(笑)。自分なら報道番組のコメンテーターに徹することができるはずだって。でも、いざ収録が始まったら…全然ダメでした(笑)」とコメント。

 山里からは「オレは君の才能が憎い!」という賛辞も送られていたが「とんでもないです! ただ“おうち”という設定だったので、スタジオにいる時よりも、のびのびとできたような気はします(笑)。関西弁になると緊張もほぐれるので。でも、むしろ私のほうこそ、山里さんって、やっぱりすごい方なんだなと改めて思いましたね。何を振られても瞬時に言葉が出てくるのがすごいし、どの発言も面白い上に、絶対に人を傷つけないっていうところが、すばらしいなって。本当に勉強になりました」と振り返った。

 さらに、有田の印象についても「ほかのバラエティー番組でも、何度かご一緒させていただいているんですが、どの番組も、有田さんが何かのキャラクターになりきっていることがほとんどなんです。今回もメーンキャスターの“アリタ哲平”さんということだったので、素の状態の有田さんにはまだ一度もお会いできていないんですよ(笑)。ですから、いつか素の有田さんに会える日を楽しみにしています」と語っていた。