フリーアナウンサーの生島ヒロシ(69)が法政大学と青山学院大学に計1000万円を寄付したことが24日、明らかになった。

【動画】生島ヒロシ、池畑慎之介と芸能界裏話をしゃべりまくる

 生島は以前から親交のあった青山学院大学の三木義一前学長(70)の呼びかけに応じ、5月11日に母校・法大と青学大の新入生を応援するリモート会議に出席。新型コロナウィルスの感染拡大でキャンパスライフが正常に送れない後輩たちに対し、ポジティブ思考を持ってもらうため、積極的に話の輪に加わった。

 アルバイトができないことでの金銭面の不安や出会いのない寂しさなど、学生たちの赤裸々な声に耳を傾けながら、生島は「ピンチはチャンス! まさかの坂のために、自分の包丁を研ぐのが一番。グローバルなネットワークをつくりましょう!」とアドバイスしたが、授業料を払えない学生が大学を辞めざるを得ないという“現状”“惨状”を耳にし、「これではいけない」と大学生支援のために立ち上がった。

 一連の新型コロナウィルス対策に寄付した芸能人としては、最近では大阪府のコロナ助け合い基金に1000万円を寄付したタレント・上沼恵美子(65)や、医療従事者を支援したいと日本赤十字社と共同募金会へ計1000万円を寄付することを発表した俳優・志尊淳(25)ら、医療関係への寄付が多い。

 生島の場合は大学生への支援で、「今、自分ができることを考えた結果です。大学生を救うという、同じ考えを持った人が出て来てほしい」とエールを送っている。