『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や 『アトミック・ブロンド』でド迫力アクションを魅せてきたシャーリーズ・セロン主演のアクション映画『オールド・ガード』がNetflixで7月10日より独占配信される。このたび、シャーリーズの新たなハマり役を印象付ける、“不死身の傭兵アンディ”の姿を大迫力で映し出したキャラクタービジュアルと、「生まれは紀元前」「世の中のあらゆる言語を操る」など、アンディの知られざるスペックを解説する特別映像が解禁された。

【動画】Netflix映画『オールド・ガード』特別映像

 何世紀にも渡り、歴史の影で暗躍し、誰にも知られることなく人類を守り続けてきた秘密の特殊部隊〈オールド・ガード〉。そのメンバーは“永遠の命”を持つ不死身の傭兵たちであり、彼らを率いるのは兵士アンディ(シャーリーズ・セロン)。ある日、彼女らの特別な能力が何者かによって暴かれ、恐るべき陰謀のためにその能力を複製しようと企む強大な謎の組織から狙われることに。手段を選ばない組織の脅威に立ち向かう部隊と人類の運命が、アンディと仲間たちに託されていく。

 アンディが凛とした表情で正面を見つめるキャラクタービジュアルの中央には、何か文字が書かれているようだが、ほとんどの部分が消えてしまっており、かろうじて確認できるのは“BCE(紀元前)”というワード。

 特別映像では、生まれたのはなんと紀元前5000年で、初めて死んだのは紀元前4700年頃という、アンディの知られざるスペックの一端が明らかに。何世紀もの間、人類を救うため歴史の影で暗躍してきただけあって、世の中のあらゆる言語を操ることができるという超ハイスペックっぷりも判明した。

 さらに映像では、愛用している特殊な両刃斧をはじめ、銃や剣などあらゆる武器を自由自在に使いこなすシーンも描かれており、頭脳だけでなく肉体的強さも兼ね備えていて、一見、非の打ち所のない完璧な人物にも見えるが、永遠に生き続けることに対しての苦悩や葛藤を抱える姿も見え隠れする。アクションだけでなく、エモーショナルな人間ドラマにも期待が高まる。