人気漫画『鬼滅の刃』(集英社)が、7月3日発売のコミックス第21巻をもってシリーズ累計発行部数が8000万部(電子版含む)を突破し、初版が300万部(特装版含む)になることが24日、同社より発表された。5月に発売された第20巻の初版280万部を超える形となり大記録を出したが、ネット上では、初版400万部超え含み初版300万部を10年以上刊行し続けている『ONE PIECE』について「改めてワンピースは化け物コンテンツなんだな」「ワンピース、すごい人気なのがわかる」などと驚きの声があがっている。

【画像】『鬼滅の刃』特装版の内容公開!炭治郎&禰豆子の木箱風ケース

 初版300万部は、10年3月に『ONE PIECE』57巻が発売された当時、国内出版史上最高となる数字(集英社調べ)で、それまで最高記録だった『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2004年)上下巻の290万セットを超える数字として大きな話題に。その後『ONE PIECE』は、初版400万部以上を出すこともあり、現在(最新96巻)まで、初版300万部以上の驚異的な記録を10年以上更新し続けている。今年4月3日に第96巻が発売された際、集英社は「驚異的な記録」としていた。

 その中で『鬼滅の刃』が最新刊21巻で初となる初版300万部を発行することになり、『ONE PIECE』と並ぶ記録を出すことに。すでに5月に連載は終了しているが、勢いが止まらないことに同社は「(ジャンプの)連載は完結を迎えたものの、“鬼滅ロス”という言葉が生まれるほど人気が加速している」と説明した。

 ネット上では「予約の数もすごいって聞いてるから人気の度合いが尋常じゃないことが伺えます。最終巻まで色々な話題がまだまだ出そうですね」「まじですごいわ…」「ただただ、スゴいの一言につきる」と驚きの声。一方で、「(初版300万部)これってどれだけすごいことなの?」「これはどれくらいすごいんだい?」などと大記録のすごさを理解できていない声もあがった。

 その中で、初版300万部という記録を10年以上更新し続けている『ONE PIECE』について、10年間も初版300万部くらい刷ってんのか… しかも57巻で初めて300万ってなんで50巻も来てなお右肩上がりなんだよ!」「10年以上続けとるとかバケモン」「ついにワンピースに並んだわけですが、ワンピースはその記録を10年以上続けているという…鬼滅の刃もすごいが、ワンピースはやっぱりすごい!」「鬼滅の刃21巻初版300万部がワンピース57巻と並ぶ記録ってすごすぎ 57巻って頂上戦争よ、えぐ」などと、改め『ONE PIECE』の人気に驚きの声も出ていた。

■『鬼滅の刃』最近の累計発行部数の流れ(集英社発表)
19年4月6日:350万部(テレビアニメ放送時)※4月9日発売巻で500万部
19年9月末:1200万部(テレビアニメ終了時)
19年12月4日:2500万部
20年2月4日:4000万部
20年5月13日:6000万部
20年7月3日:8000万部