お笑いコンビ・EXIT、見取り図、アインシュタインが24日、オンライン会議ソフト「Zoom」を通じて行われた『よしもと芸人オンラインイベントお披露目会』に参加し、リモート漫才を披露した。

【イベント写真】EXIT、見取り図もリモート漫才を披露

 出番を終えたEXIT・兼近大樹は「久々のザイマンだったんで、すごい楽しかったっす!」と満面の笑み。見取り図・盛山晋太郎も「リモートならではの漫才をやらせてもらった」と充実の表情を浮かべていた。

 観客の生のリアクションが伝わらないなど、芸人にとっては不利な状況だが、“奇跡の顔面”が売りのアインシュタインにとっては、逆(?)に好評のようだ。河井ゆずるが「相方(稲田直樹)は、リモートの遠い距離感が程よいと言われてる。それを活かしていければ」と笑いながら告白。これに稲田は「は!? どういう意味!?」と不服そうな顔を浮かべつつ「それでも全国津々浦々、顔を出していきたい」と意欲を燃やしていた。

 同イベントは、吉本興業が「オンラインイベント」という新しいスタイルを提案し、全国の販売代理店向けにZoom配信で開催されたもの。「漫才」「落語」「学園祭」「講演会」「ワークショップ」「ディスカッション」のそれぞれのジャンルに、オンライン上で芸人を派遣するスタイルを実演した。