人気グループ・A.B.C-Zの塚田僚一が26日放送のフジテレビのお笑い番組22世紀計画『ウケメン』(毎週金曜 深夜0:55※関東ローカル)にゲスト出演する。かねてから番組ファンを公言していた塚田は、ジャニーズ初参戦ということで張り切りまくり。コント内では、低周波ビリビリ、そして初のキスシーンにも挑戦。「もう、ドキドキでした!A.B.C-Zのメンバーはキスシーンの経験はありますが、僕はキャラクターや役回り的に回ってこなかったので(笑)」と感想を明かしている。

【番組カット】かまいたちもゲストで登場!

 同番組はフジテレビの若手バラエティー制作チームが深夜に送る“新感覚お笑いプロジェクト”。3時のヒロイン、トキヨアキイ、ひみつスナイパー健、マカロン、リンダカラーといった若手芸人たちが、新ネタ、コント、新企画に挑戦する“日本で一番フレッシュなお笑い番組”をうたっている。なお今回の収録でも、ソーシャルディスタンスを取って、楽しく進行された。

 塚田が出演するのは新企画『3字の青春白書』。アメリカの超人気ドラマ『ビバリーヒルズ青春白書』ばりのハイスクールを舞台に、塚田演じる学校一のイケメン“ツカJ”は、華麗なY字バランスで登場する。ウケメンメンバーの女子たちがツカJに、お題となるキーワードを3文字のヒントで伝えるが1分以内で答えられないと、ツカJとヒントを与えた女子の両方に低周波ビリビリ攻撃が待ち受ける。

 しかし1分以内に正解が出ると、ツカJとその女子は“キスすることができる”というルール。最初は調子がつかめないツカJは容赦ないビリビリに「ああああああー」「こんな刺激初めてだぜー」と、番組のガチ演出に喜びつつもややドン引き。しかしその後、初めてのキスシーンに挑戦することになり…。

 念願の初出演に塚田は「『ウケメン』は初回から好きだったので、うれしかったです。世代的にも『めちゃイケ』『はねるのトびら』『ピカルの定理』などのコント番組が好きで、憧れていたので。いろいろなところで“出たい”と言っていました」と歓喜。

 コント内でも「Y字バランスの登場や、アクロバットな動きにはこだわりました!体には自信がありますし、体当たり企画もやってみたい、と思っていました。実は、視聴者として見ている時は『これってそこまで大変なのかな?』と半信半疑な部分もあったんです。でも、実際にふたを開けてみたら、ガチでした!低周波の流し方とか…『ウケメン』チームは良い意味でクレイジーです(笑)」と洗礼を浴びつつもなんとか乗り切ったよう。

 また「過去に、ウケメンメンバーが、両親や元カレを取材されるなど、人間性の面白さも描かれていますよね。お笑いなのにドキュメンタリーでもあるんですよ。僕の人生を掘り下げられたら大変です(笑)。でも“ティッ君トッ君”みたいに体を張れるもので自分の限界を見てみたい、という部分もあります」と今後の出演にも意欲を見せていた。

 このほか今回の放送では、お笑いコンビ・かまいたちも登場。番組を知らなかったという事実が判明するも、私物を勝手に売り飛ばされる“ウケメンショッピング”の餌食となってしまう。山内健司は苦労してゲットしたという日本未発売の超レアな私物を売られ、濱家隆一が大事にしているというあるアイテムを“おまけ”としてつけられそうに。山内は「俺たちのメリットって何?知らんヤツがやっている、知らん番組だ!」と焦りまくるが…。

 その他、選ばれし者が唐辛子入りの赤い粉を鼻から吸引する『赤いナルコス』には、ゲストに四千頭身が登場。実は“体を張りたいタイプ”だという石橋遼大はやる気がみなぎりすぎて、悲劇が…。また、放送前からSNSで話題となっている、デン(リンダカラー)演じる新キャラ『地雷女デリちゃん』も大暴れ。蜷川実花監督『FOLLOWERS』のパロディーコント『CALORIES』はついに完結を迎える。