スピッツがあす26日に配信リリースする新曲「猫ちぐら」のジャケット写真が25日、ORICON NEWSで独占先行解禁された。イラストは『Catnappers 猫文学漫画集』などで知られる長崎訓子氏が描き下ろした。

【動画】1億回再生を突破した スピッツ「ロビンソン」ミュージックビデオ

 配信シングル「猫ちぐら」は、ボーカルの草野マサムネがパーソナリティを務めるTOKYO FM系のレギュラーラジオ『SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記』(毎週日曜 後9:00)の14日放送回で、事前予告なしでいきなり初オンエアされた新曲。

 草野は同放送で「緊急事態宣言前後含めて2ヶ月間くらいほぼステイホームで、スピッツ、リモートでどこまでレコーディングできるかやってみまして。一度もメンバー同士顔を合わせることなく、時間差で音を重ねて、データのやりとりなんかで結構できちゃうもんだなという感じで、なんかできちゃったんで、今日はそれを聴いていただこうと思います」と切り出すと、新曲をいきなりオンエア。「リモートで録音しました新曲『猫ちぐら』を聴いていただきました」と紹介した。

 スピッツが事前告知なしに電波で新曲を初披露するのは初めてだったこともあり、SNSは「最大級のサプライズをありがとうございました」「リモートで新曲、ラジオでさらっと聴かせてくれるなんて、さすがスピッツだ」「また明日から頑張れる」といった歓喜の声であふれた。

 そして、21日放送の同番組では制作過程について「新曲のデモテープをデータでメンバーに渡して、各自自宅で練習してもらって、個別に音を重ねてできた曲」と明かし、「もっとドタバタした感じのものになるかなと思ったら、意外とちゃんとできたなと自画自賛しています」と出来栄えに自信も。そして、配信シングルとして26日午前0時からダウンロード/サブスクリプションサービスで配信をスタートさせることを発表した。

 草野は新曲のタイトルに関連して「ちなみに本場の手作りの伝統工芸品『猫ちぐら』、猫のお家ですけれども、予約3年待ちだそうですね」と紹介している。