人気グループ・嵐の大野智が主演するフジテレビ系連続ドラマ『鍵のかかった部屋』が総合視聴率(世帯・個人)において、5週連続横並びトップを記録。再放送もいよいよ終盤に差し掛かるが引き続き好調をキープ。6月8日の#5は総合視聴率(世帯)13.9%、総合視聴率(個人)8.0%を記録した。

【写真】特別編#1~3 戸田恵梨香の場面カット

 同ドラマは大野演じる奇才の防犯オタク・榎本径が、弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)とともに難解な密室事件を解明していく痛快エンターテインメント。今期の月9ドラマ『SUITS/スーツ2』の撮影休止(現在は再開)に伴い、特別編として29日まで放送される。

 総合視聴率とはリアルタイム視聴率にタイムシフト(録画)視聴率を合算し、重複分を除いた視聴率。なお、15日に放送された#6のリアルタイム視聴率(世帯)は9.8%、(個人)5.6%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。